Netflix『呪怨:呪いの家』予告映像解禁!「呪いの家」から連鎖する恐怖の数々 | RBB TODAY

Netflix『呪怨:呪いの家』予告映像解禁!「呪いの家」から連鎖する恐怖の数々

エンタメ 映画・ドラマ
「呪怨:呪いの家」
  • 「呪怨:呪いの家」
  • 「呪怨:呪いの家」
  • 「呪怨:呪いの家」
  • 「呪怨:呪いの家」
  • 「呪怨:呪いの家」
  • 「呪怨:呪いの家」
  • 「呪怨:呪いの家」
  • 「呪怨:呪いの家」
 「呪怨」シリーズ最新作で、シリーズ初のドラマ化作品となるNetflixオリジナルシリーズ『呪怨:呪いの家』が、7月3日から全世界独占配信される。このほど、場面写真および予告映像が解禁された。


 2000年にビデオ版が誕生し、2003年には劇場版が公開されて以来、20年続くシリーズ『呪怨』。2015年公開『呪怨-ザ・ファイナル-』で最終章を迎えたはずだった同シリーズだが、今回Netflixオリジナルシリーズとして登場。“日本初”Netflixオリジナルシリーズとしては初のホラー作品となる。

 公開された予告編では、すべての元凶である「呪いの家」に端を発し、頻発していく数々の怪奇現象が、じりじりと人々を恐怖の渦に巻き込んでいく様子が垣間見える。不穏な音を捉えたカセットテープ、怪奇現象に襲われる男女、暗闇でうずくまり「逃げて」とささやく少年、さらには、女性が監禁されて妊娠させられたという凄惨な過去の事件など。登場人物全員が口にする「あの家」を調べ始めた心霊研究家・小田島(荒川良々)と、夜中に部屋で響く不可解な足音に悩まされているタレントの本庄はるか(黒島結菜)は、「呪いの家」に憑かれたように引き寄せられて行く。天井裏で恐怖に慄く小田島、そして血しぶきを浴びて叫ぶはるかが見たものとは?

 さらに、場面写真では、「呪いの家」の秘密に近づいていく小田島の姿や、絶望的な恐怖に襲われているはるかの姿が伺える。

 Netflixオリジナルシリーズ『呪怨:呪いの家』は、7月3日から全世界独占配信スタート。

《KT》

関連ニュース

特集

page top