コロナ感染の赤江珠緒が肺炎で入院 ラジオで報告 | RBB TODAY

コロナ感染の赤江珠緒が肺炎で入院 ラジオで報告

エンタメ その他
 新型コロナウイルスに感染し自宅で療養していたフリーアナウンサーの赤江珠緒が、肺炎を発症し入院したことを、29日放送の『赤江珠緒たまむすび』(TBSラジオ)に寄せたメッセージで報告した。

 それによると赤江は、4月15日に発症してから連日37.5度ぐらいの発熱が続き、味覚障害やせきなどの症状もあったが、当初は軽症と診断されたことに加え、2歳になる娘の世話をする必要もあったため、解熱剤でしのぎ、10日ほど自宅で療養していた。しかし、医師の勧めで改めてレントゲン検査と血液検査を受けた結果、肺炎を起こしていると診断され、発症11日目で即入院となった。現在は症状が落ち着いているという。

 赤江は「自分が悪化しているかどうか判断するのは本当に難しかった」と振り返り、「あのままに(自宅で療養)していたらと思うと少し怖い」と心境を吐露。「医療崩壊を防ぐために、軽症のうちは病院に行かないという人もいるかもしれないが、10日目を境に悪化するケースも頻発しているそうだ。実際に私がそうだった」と注意を呼びかけた。

 赤江より先に発症した夫については、「肺炎が重症化して一時は深刻な事態になりかけたが、持ち直して回復に向かい、退院できた」と報告。娘は元気で、現在は夫と自宅で過ごしているという。
《角谷》

関連ニュース

特集

page top