坂上忍、緊急事態宣言解除まで収入の全額寄付を発表 | RBB TODAY

坂上忍、緊急事態宣言解除まで収入の全額寄付を発表

エンタメ ブログ
坂上忍【写真:竹内みちまろ】
  • 坂上忍【写真:竹内みちまろ】
 坂上忍が17日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、緊急事態宣言が解除されるまで自身の収入を全額寄付する意向であることをブログで明かした。


 坂上は「一回こっきりの、お知らせでございます」と前置きした上で、「ボク、タダ働きをすることに決めました」と報告。期間は新型コロナの感染拡大防止で発令されている緊急事態宣言が解除されるまでの間で、「ボクが得る収入はなにかしらの形で寄付をさせて頂くことに決めました」と明かした。

 その理由に関して坂上は「新型コロナウィルス問題が起きてからというもの、『バイキング』の場所に立ち続けていることに、どこかで違和感を覚え、座りの悪い状態が続いておりました」と心境を告白。坂上がMCを務める『バイキング』(フジテレビ)では連日、新型コロナの話題を取り上げ、最新の情報を視聴者に提供している。しかし、情報を発信し続ける番組の役割の大切さを理解しつつも「どうにもこうにも、その理由だけでは足りない気持ちになってしまいまして……」と寄付に踏み込んだ理由を説明した。

 また、坂上は著名人が寄付を公表することに「売名行為」と批判の声が上がることについて、「例え売名行為であったとして、寄付することのなにがいけないのか?」とコメント。さらに「ご本人が本意でなくとも、あえて公表することによって、寄付文化が根付いていない日本に於いては充分意義があると、ボクはおもっています」と自身の思いをつづった。

 しかし、今回の寄付公表は「あくまでもボクが自身の心のバランスを取る為のもの」と坂上。その上で、批判は甘んじて受けるとし、「ボクがこのような行為に走ったことで、少なからず関係各所にご迷惑をお掛けすることがあるかもしれませんが、先に謝っておきます。ごめんなちゃい」とあらかじめ謝罪した。

 そして最後は医療従事者などへの感謝をつづり、「終息までは長い道程かとおもわれますが、一日でも早く収束の日が迎えられることを願いつつ、来週以降も『バイキング』の場に立ち続けることを、お許しください」とつづり結んだ。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top