『王様のブランチ』2週連続テレワーク出演!スタジオ出演者の人数は常に2人に制限 | RBB TODAY

『王様のブランチ』2週連続テレワーク出演!スタジオ出演者の人数は常に2人に制限

エンタメ その他
 11日に生放送された『王様のブランチ』(TBS系)で、先週4日と同じく、新型コロナウイルス感染拡大に配慮し、一部キャストのテレワーク出演が行われた。


 番組冒頭スタジオにいたのは、山形純菜アナ、そして山本匠晃アナの2人のみ。その他のメンバーは、それぞれ控えている場所から中継をつなぎ、ワイプにての登場となった。ちなみにニッチェ以外の面々は、TBS局内の楽屋にそれぞれおり、その中から各2人ずつが、順々に入れ替わる形でスタジオに来るという異例の方式を採った。

 またこの日は『ブランチ』のつながりゲストとして、2017年9月まで10年間同番組のリポーターとして人気を誇った鈴木あきえもテレワーク出演。現在1歳半の男児の母親。「(息子は)テレビに映る私に喋りかけてます」と語り、笑いを誘った。

 そして佐藤栞里も、「それでは皆さん、どこにいても、心を1つに参りましょう」という挨拶から番組がスタート。エンタメニュースランキングや巣ごもり生活のためのテイクアウトサービス情報、また同日放送の『ザ・ドリームマッチ2020』のこれまでの名場面も紹介された。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top