『ダウンタウンなう』、新型コロナ対策でスタジオセットから進行 | RBB TODAY

『ダウンタウンなう』、新型コロナ対策でスタジオセットから進行

エンタメ その他
 10日に放送された『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)の人気企画「本音でハシゴ酒」が、新型コロナウイルスの感染拡大防止のためスタジオセットから進行された。


 番組冒頭、坂上忍がいつもように「本音でハシゴ酒~!」とタイトルコール。だがいつもと違うロケーションに、松本人志が「今日は何か場所があれですよね」と指摘。すると坂上はあっさりと「ここ、お台場ですね」と暴露。「スタジオセットで」とも述べ、「新型コロナの影響で」と明かした。

 だが、飲み屋街を完全再現した本格的なセットに松本も「ここまで、せんでええやん! 」「これで2年ぐらいやろうと思ってる?」と疑問視。浜田雅功も「やりすぎやって!屋台置いときゃええやん」と訴えるほど。

 料理と酒は、新宿駅の西口に広がる思い出横丁のお店の方々が提供。1軒目は焼酎ハイボール発祥のお店として知られる大衆酒場「きくや」が出張した。松本から「大変ですか?」と客足について聞かれると、店主は「もう今、ほんとに減っちゃって……」とガックリ。これに対して松本は「頑張りましょう」と励ましていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top