千鳥、ブレイクの恩人は宮川大輔「何もないときに……」 | RBB TODAY

千鳥、ブレイクの恩人は宮川大輔「何もないときに……」

エンタメ その他
千鳥(大悟、ノブ)【錦怜那】
  • 千鳥(大悟、ノブ)【錦怜那】
 千鳥が、7日放送の『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!』(フジテレビ系)で、恩人・宮川大輔に感謝した。


 関西から上京後、しばらく仕事がなかったという千鳥。そんなころ、宮川が「おもろいでっせ」とテレビ関係者に口添えしてくれたことで、彼の番組『青空レストラン』(同系)の出演が決まったという。大悟は「ほぼ何もないころに……」と振り返った。

 続けてノブはその時、「シンプルに口が臭い」というお決まりのギャグを『青空レストラン』のロケで、宮川から「絶対に放り込め」と指示されたという。だがグルメ番組ということもあり、2人が「無理でしょう」と尻込みするも、宮川からは「いや、やれ」と強硬に押されたそう。

 彼のアドバイスに千鳥も収録ではそのフレーズを連発。だが結局オンエアではカットされていたという。だがノブは、「それを見ていたスタッフさんが『面白かった』って呼んでくれたのが、あの内村さんの『笑神様』なんですよ」と、ブレイクのきっかけともなった『笑神様は突然に…』(同系)への出演が決まったと語った。

 また宮川は、ある時、内村が「千鳥って面白いよね。ああいう面白い子らがむちゃくちゃ売れてほしいと言っていた」と明かしていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top