アジアン・馬場園梓の舞台初挑戦にカメラが迫る! | RBB TODAY

アジアン・馬場園梓の舞台初挑戦にカメラが迫る!

エンタメ その他
アジアン・馬場園梓の舞台初挑戦にカメラが迫る!
  • アジアン・馬場園梓の舞台初挑戦にカメラが迫る!
  • アジアン・馬場園梓の舞台初挑戦にカメラが迫る!
  • アジアン・馬場園梓の舞台初挑戦にカメラが迫る!
  • アジアン・馬場園梓の舞台初挑戦にカメラが迫る!
  • アジアン・馬場園梓の舞台初挑戦にカメラが迫る!
  • アジアン・馬場園梓の舞台初挑戦にカメラが迫る!
 31日放送の『OFLIFE』(MBS)ではお笑いコンビ・アジアンの馬場園梓が初舞台に奮闘する姿を追った。


 アジアンとして漫才の第一線で活躍する一方で、ドラマや映画に出演し、女優としても高い評価を得ている馬場園。初舞台で馬場園が挑む劇団は脚本・演出家の矢島弘一が2006年に旗揚げした「東京マハロ」。今回、上演する舞台は「彼の名はレオナルド」で、最後の晩餐の作者であるレオナルド・ダ・ヴィンチの生涯を描く。馬場園が演じるのは、運命に翻弄される主人公を支える重要なポジションのイザベラ役だ。

 馬場園の舞台挑戦は、彼女が尊敬する女優・篠原あさみの舞台を観劇に行き、矢島と縁ができたことがきっかけだったという。初舞台に挑戦する馬場園はいかにアドリブのように演技を見せるかが舞台と漫才の共通点であると話し、「舞台に出演することで演技の幅を広げ、漫才に活かしたい」と意気込む。

 大阪と東京を行き来する多忙な日々のなかで、台本の台詞が覚えられず、舞台の稽古で共演者から後れをとる馬場園。最大の見せ場のシーンでは矢島から「もっと熱量をもってやって欲しい」とダメ出しを受けてしまう場面も。矢島の期待に応えようと必死に稽古に励む馬場園は「自分の思ったことを全力で表現する」ことによって、「自分がこうだと思ったことを全力でやってもいいんだという自信がついた」と語る。いよいよ舞台初日を迎えるが、果たして馬場園はどのような演技を見せるのか?

 『OFLIFE』(MBS)は3月31日25時59分~26時30分放送。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top