GACKT、二階堂ふみにズバリ指摘「自分が一番変わってることに気づいてない」 | RBB TODAY

GACKT、二階堂ふみにズバリ指摘「自分が一番変わってることに気づいてない」

エンタメ その他
GACKT【写真:鶴見菜美子】
  • GACKT【写真:鶴見菜美子】
 GACKTが、6日放送の『第43回 日本アカデミー賞 授賞式』(日本テレビ系)に出席。二階堂ふみに辛口の祝辞を送った。


 GACKTとのダブル主演で臨んだ映画『跳んで埼玉』で、優秀主演女優賞に選出された二階堂は撮影当時について「現場はとにかく楽しかった」と振り返った。司会の安藤サクラは「GACKTさんとのコンビも絶妙で、最高だった」と絶賛。

 すると二階堂は「(GACKT含めたキャストは)違う星から地球に集結したぐらいの、個性豊かな方々」と述べた。そこで同じく司会の羽鳥慎一が、席にいたGACKTに「いろんな星から、いろんな人が集結したというような、二階堂さんのお言葉ですが」と振ると、彼は「ふみちゃんは、関わっているほかの役者の方たちが変わってる、変わってるって、よく言ってたんですけども、 自分が一番変わっていることに気付いてない」と指摘。

 その上で、二階堂に向けて「そろそろ気付くべきだと、僕は思います」と述べ、笑いを誘っていた。なお最優秀主演女優賞は、映画『新聞記者』シム・ウンギョンが獲得した。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top