橋本環奈が佐藤大樹に強烈ビンタ!!映画『小説の神様』予告編公開 | RBB TODAY

橋本環奈が佐藤大樹に強烈ビンタ!!映画『小説の神様』予告編公開

エンタメ 映画・ドラマ
(C)2020「小説の神様」製作委員会
  • (C)2020「小説の神様」製作委員会
 佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS)・橋本環奈がダブル主演を務める映画『小説の神様 君としか描けない物語』が5月22日に全国公開となる。このほど、同作の予告編が解禁された。


 同作では、佐藤がナイーブで売れない小説家・一也、橋本がドSな人気小説家・詩凪を演じる。同じ高校に通うが、すべてが真逆の男女2人に、編集者からあるミッションが下される。それは、2人で協力し、1つの物語を作り、世の中の人の心を大きく動かす大ベストセラーを生み出すことだった。

 原作は、2020年版「このミステリーがすごい!」「本格ミステリ・ベスト10」「2019ベストブック」の 3冠を受賞し、本屋大賞に もノミネート、さらに第41回吉川英治文学新人賞の候補に選ばれている人気作家・相沢沙呼による小説『小説の神様』。

 公開された予告編は、 「あなたが小説家だなんて信じられない」と、詩凪(橋本)が、一也(佐藤)にビンタをくらわせる強烈なシーンからスタート。反発し合いながらも共作をきっ かけに縮まる2人の距離。自信を取り戻し始めた一也だが、大きな壁にぶつかってしまう。一方、売れっ子のはずの詩凪も、誰にも言えない秘密を抱えていた。一也の心情の変化を映し出すように、モノクロだった世界がカラーに色づき始める 演出や、星降る草原で向かい合う2人など、作品の魅力が詰まった映像になっている。

 また、本予告編でも使用されている主題歌には、E-girls解散発表後初、鷲尾伶菜のソロプロジェクト「伶」としての第1弾楽曲「Call Me Sick」が起用されている。

 映画『小説の神様 君としか描けない物語』は、5月22日全国公開。

《KT》

関連ニュース

特集

page top