ギャル曽根、幼少期からハンバーグ1日8個!?その食費とは? | RBB TODAY

ギャル曽根、幼少期からハンバーグ1日8個!?その食費とは?

エンタメ その他
(c)TBS
  • (c)TBS
  • (c)TBS
 2月22日14時からは、『親のおカネ、子知らず』(TBS系)が放送。人気芸能人たちが親のお金にまつわるエピソードを展開する。


 同日放送には、ギャル曽根、丸山桂里奈、お笑いコンビ・カミナリ、純烈が登場。カミナリの竹内まなぶは、実家がスーパーを経営。少し裕福だったというが、相方のたくみから「まなぶは小さい頃からめちゃくちゃ甘やかされていて、何でも買ってもらっていた!」というタレコミが。深掘りしていくと、100万円のピアノを買ってもらったのに2日で辞めてしまったという衝撃のエピソードも飛び出す。

 ギャル曽根は、VTRで母親が登場。驚異的な食欲にまつわる「親カネ」エピソードが語られる。幼少期のギャル曽根は1人で1日に8個ものハンバーグを食べていたそう。ファイナンシャルプランナーがはじき出した、ギャル曽根の食費にまつわる親カネとは?さらに、丸山桂里奈は1カ月に1足のペースで替えていたというサッカーのスパイクにかかった「親カネ」の総額が算出。純烈の後上翔太は、エリート一家で育ったというが、社会人になってからも親のスネをかじりまくっていたそう。その親カネエピソードとは?

 番組MCのハライチ澤部は、「今回、禁断というか結構踏み込んだテーマをやった気がしますが、親のありがたみや愛情を知ることができる素敵な番組になっていますので、ぜひご覧ください!」と呼びかけ。霜降り明星の粗品は、「自分にはまだ結婚とか、子どもがいるのは想像できないですが、お金をたくさんかけたから良いわけじゃないというのも、今回の番組で分かりました。あと個人的に、初めて澤部さんとMCをするのもとても光栄で新鮮だったので、ぜひたくさんの方に見てもらえたらうれしいです」と語っている。

 『親のおカネ、子知らず』(TBS系)は、2月22日14時から放送。
《KT》

関連ニュース

page top