フリートークの力量が試される?!ミルクボーイ、『快傑えみちゃんねる』初出演 | RBB TODAY

フリートークの力量が試される?!ミルクボーイ、『快傑えみちゃんねる』初出演

エンタメ その他
『快傑えみちゃんねる』(C)カンテレ
  • 『快傑えみちゃんねる』(C)カンテレ
  • 『快傑えみちゃんねる』(C)カンテレ
  • 『快傑えみちゃんねる』(C)カンテレ
  • 『快傑えみちゃんねる』(C)カンテレ
  • 『快傑えみちゃんねる』(C)カンテレ
  • 『快傑えみちゃんねる』(C)カンテレ
  • 『快傑えみちゃんねる』(C)カンテレ
  • 『快傑えみちゃんねる』(C)カンテレ
 2月14日放送『快傑えみちゃんねる』(カンテレ)のゲストに、ミルクボーイが登場する。


 2016年から2017年にかけて、同番組前説を務めていたミルクボーイだが、今回は出演者として初登場。内海は「ずっと前説していたので赤い椅子(出演者席)に座ることができて嬉しい」と凱旋出演を喜ぶ。

 M-1優勝以来、1ヶ月に53本の番組に出演し「1ヶ月で10年分働かせてもらっています」と大ブレイクに戸惑い気味のミルクボーイ。上沼は「それはご祝儀みたいなもので、問題はここから。フリートークの力量が試される。今日がひとつの正念場よ」と鼓舞激励する。

 その後のテーマトーク「芸能界やっちまったな事件簿」では、内海が歌手のさだまさしから、直々にさだ司会の番組に出演依頼されたが、初詣客で道が混んだためスタジオに到着できず、電話だけの出演になってしまったことを明かす。これには、「M-1優勝後、いろいろ夢にも思っていないことがありましたが、まさかさださんをドタキャンするとは」と悔やむ一幕も。

 一方、駒場は「直したくてもなかなか直らない私の〇〇」というテーマトークで、縁起を担いでしまう癖があることを告白。漫才がウケた日は、前日の行動をルーティンに加えて、次のステージの前日にはそっくりそのまま再現するという。M-1では、勝ち進んでいったために、ルーティンが上乗せされていき、決勝の際には下着、靴下、私服、食べ物、水など、どんどん細かくなって、再現するだけで一苦労だったという。縁起を担ぎすぎてがんじがらめだが、やめられないとこだわりも語っていく。

 『快傑えみちゃんねる』(カンテレ)は、2月14日19時から放送。
《KT》

関連ニュース

page top