変わり果てた“現代”に戻った竹内涼真、無謀な作戦を思いついて........日曜劇場『テセウスの船』第4話 | RBB TODAY

変わり果てた“現代”に戻った竹内涼真、無謀な作戦を思いついて........日曜劇場『テセウスの船』第4話

エンタメ 映画・ドラマ
(C)TBS
  • (C)TBS
  • (C)TBS
  • (C)TBS
  • (C)TBS
 2月9日21時からは、日曜劇場『テセウスの船』(TBS系)第4話が放送される。


 過去を変えるべく奔走していた田村心(竹内涼真)だったが、再び現代にタイムスリップしてしまった。そこで待ち受けていたのは、変わり果てた歴史。父・文吾(鈴木亮平)は変わらず冤罪で囚われているうえに、母・和子(榮倉奈々)と兄・慎吾(番家天嵩)は心中して亡くなっていた。生き残った姉は行方知れずで、自分が過去を変えたことで最悪の歴史に変わってしまったことを悔いる。

 一方、最愛の妻だった由紀(上野樹里)が亡くなった歴史も変わっているのではと実家を訪れると、由紀と遭遇。拘置所の文吾と涙の再会を果たし、必ず冤罪を晴らすと約束した心は、生き別れになっていた姉を訪ねるが、姉は村田藍(貫地谷しほり)と名前も姿も変えて隠れるように生きていた。しかも、姉の夫の正体を知って愕然.......その理由とは?また、音臼小事件は未だに終わっていないと感じる心。心は父を救い出すため、あまりにも無謀な作戦を思いつく。

 日曜劇場『テセウスの船』(TBS系)第4話は、2月9日21時から放送。
《KT》

関連ニュース

page top