謎解きクリエイター・松丸亮吾、東大目指したきっかけは? 猛勉強で校内300人中298位から7位に | RBB TODAY

謎解きクリエイター・松丸亮吾、東大目指したきっかけは? 猛勉強で校内300人中298位から7位に

エンタメ その他
 謎解きクリエイターで東大生の松丸亮吾が、8日放送の『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)に出演。東大を目指したあるきっかけを語った。


 高校2年生のときに母親が亡くなったという松丸。その荷物を整理していると手記が見つかり、最後のページに「亮吾が東大に行くところを見たかった」という一文が残されていたという。当時、彼は反抗期。勉強もせず遊びほうけていたが、その一文を見て「一気に目が覚めて、東大に行こうと決意した」と語った。

 高2の冬に行われた学力テストでは、校内300人中298位だったが、そこから猛勉強して5月の学力テストでは7位までジャンプアップ。塾にも通っていたが、意識して苦手を潰すようにしていたと回顧。合格したときは「本当にうれしかったが、母親がその場にいなかったことだけがちょっと……」と話していた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top