羽生結弦、世界歴代最高記録で首位!『四大陸』初の王者へ大きく前進 | RBB TODAY

羽生結弦、世界歴代最高記録で首位!『四大陸』初の王者へ大きく前進

エンタメ その他
羽生結弦(c)Getty Images
  • 羽生結弦(c)Getty Images
  • 羽生結弦(c)Getty Images
 羽生結弦が、7日放送された『四大陸フィギュアスケート選手権in韓国』(フジテレビ系)の男子ショートで世界歴代最高記録をマークし、初の同大会タイトル獲得に大きく飛躍した。


 同大会3年ぶり4回目の出場となる羽生。最初の4回転サルコウを鮮やかに決めると、続く4回転トウループ、トリプルトウループも華麗に舞ってみせた。さらに最後のトリプルアクセルも完璧。他のスピンも正確無比で世界歴代最高記録の111,82点をマークした。

 アジア、アメリカ、アフリカ、オセアニア4つの大陸から選ばれた25人の選手の頂点に大きく先進した羽生。試合後のインタビューでは「まだまだ点数を上げられる要素もある」と目標を見据え、9日のフリーに向けて「しっかりいい演技をしていろんな質を高めていきたい」と決意を語っていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top