全日本フィギュア、羽生結弦が世界歴代最高得点で首位発進 2位は宇野昌磨  | RBB TODAY

全日本フィギュア、羽生結弦が世界歴代最高得点で首位発進 2位は宇野昌磨 

エンタメ その他
羽生結弦 (c)Getty Images
  • 羽生結弦 (c)Getty Images
  • 羽生結弦 (c)Getty Images
  • 羽生結弦 (c)Getty Images
 20日、『全日本フィギュアスケート選手権 男子ショート』(フジテレビ系)が放送され、4年ぶりの出場となった羽生結弦が、非公認ながら世界歴代最高得点を叩き出し、首位スタートを切った。


 羽生結弦は4回転サルコウを危なげなく決めると、2本目の4回転トウループ・トリプルトウループも鮮やかに着氷。他も正確無比なスピンを連発するなど圧巻の演技を魅せた。非公認ながら歴代最高得点の110,72点を記録すると、会場から大歓声が起きた(公認の世界最高得点は110,53点)。

 試合後、自身の演技について聞かれた羽生は、開口一番「まずは一歩進めたかな」と手応えを感じる一方、「もうちょっとできた」と満足はしていない様子。ただ4年ぶりの全日本については「緊張していた」とし、「皆さんの前でまとまった演技ができてとりあえず、ほっとしている」と安堵の表情を浮かべた。

 今大会4連覇に挑む宇野昌磨は、今季自己最高の105.71点で2位につけた。また来季からアイスダンスに転向する高橋大輔も出場。気迫のこもったダンサブルな振付で会場を沸かせたが、65.95点で14位となっている。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top