戦隊ヒロイン・尾碕真花が水着&ランジェリー姿に初挑戦「すごく楽しくて」 | RBB TODAY

戦隊ヒロイン・尾碕真花が水着&ランジェリー姿に初挑戦「すごく楽しくて」

エンタメ グラビア
尾碕真花【写真:竹内みちまろ】
  • 尾碕真花【写真:竹内みちまろ】
  • 尾碕真花【写真:竹内みちまろ】
  • 尾碕真花【写真:竹内みちまろ】
  • 尾碕真花【写真:竹内みちまろ】
  • 尾碕真花【写真:竹内みちまろ】
  • 尾碕真花【写真:竹内みちまろ】
  • 尾碕真花【写真:竹内みちまろ】
  • 尾碕真花【写真:竹内みちまろ】
 女優の尾碕真花が8日、都内にて、1st写真集「いちか」(小学館)の発売記念イベントを開催し、囲み取材を行った。

 同作は、2012年に「第13回全日本国民的美少女コンテスト」で審査員特別賞を受賞し、現在放送中の特撮ドラマ『騎士竜戦隊リュウソウジャー』(テレビ朝日系)で、ヒロイン(アスナ/リュウソウピンク)役を務める尾碕の初写真集で、初水着カットをはじめランジェリーカットにも挑戦している。

 ボディラインが浮き出る赤い衣装で登壇した尾碕は、ファッションのポイントを尋ねられると「全身真っ赤なかわいい衣装です。すごく華やかな衣装になっていて、綺麗に体のラインが出るところがポイントかなと思います」とにっこり。写真集では、お気に入りとして美脚をあらわに露出しているカットを紹介し、「大胆な感じがいいなと思いました。華やかな衣装と、ポーズと、後ろの陽がさしている感じとか、色々な条件が見事にマッチしてできた1枚だなと思いました」と振り返った。

 ボディケアが話題に挙がると、「写真集を出せたらいいね」と話していた半年ほど前からジムで身体を絞り始め、撮影の1か月前から追い込みをし、ボディラインやフェイスラインを整えたことを告げ、「気づいたら3キロ落ちていました」と笑顔を弾けさせた。

 同作では初の水着カットやランジェリーカットに挑戦しているが、「グラビアというのですかね、撮影をすること自体が初めてだったので、最初に衣装合わせをするときなどはすごくドキドキしていたし、『大丈夫かな?』と思っていたのですが」と振り返りつつ、「最初の撮影が水着カットだったのですが、すごく楽しくて。もちろんグラビアメインではないのですが、グラビアは嫌なお仕事じゃないな、(今後も)やってみたいなと思いました」と目を輝かせた。

 尾碕は10月に行った2020年版カレンダーの発売記念イベントの際に「コスプレをしたいです」と願望を明かしていたが、渋谷のハロウィンには行くことができなかったそう。「今年やり残していることは?」との質問が出ると、「コスプレをしたいなと思います」と言葉にし、「サンタコスもしたいのですけど、サンタコスとかよりは、アニメのキャラなどのコスプレをしたいので、もし、(現在はまっているという人気アニメの)『鬼滅の刃』が好きな方がいれば一緒に『鬼滅の刃』のキャラになってクリスマスイベントができたら楽しいなと思います。やってみたいです」と声を弾ませていた。
《竹内みちまろ》

関連ニュース

特集

page top