斎藤工のミステリアス要因を永野が分析 TOKIOも思わず納得 | RBB TODAY

斎藤工のミステリアス要因を永野が分析 TOKIOも思わず納得

エンタメ その他
斎藤工【写真:竹内みちまろ】
  • 斎藤工【写真:竹内みちまろ】
 芸人・永野が、27日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に出演。親友でもある斎藤工の人気の要因を分析した。


 一緒に飲みに行く芸人を聞かれると、永野は「イワイガワ」の岩井ジョニ男の名を挙げながら、「最初かましすぎたんでしょうね、僕が。お笑いのことしか考えない天才が現れた感じを出した」と回顧。

 取材ディレクターが「どうやって(天才の感じを)出したんですか?」と質問すると、永野は「相手が喋ったあと、間を溜めてボソッとしゃべる」とテクニックを明かしながら、「斎藤工だって、それ1本で売れた人じゃないですか」と独自分析。

 デイレクターが「そうなんですか?」と驚くと、彼は「そうですよ、あの人。『昼顔』とそれでしょ」と断言。「(それで)ミステリアスになった」と解説しながら、さらに「壁ドン」も追加。

 ディレクターが「『昼顔』と、『遅れて返事する』のと、『壁ドン』で売れた人ですか?」と整理して返すと、永野は「それしかないでしょ。何があるんですか逆に。『昼顔』『壁ドン』『遅れしゃべり』でしょ」ときっぱり。

 このインタビュー映像を見ていた斎藤本人も「確かに」と笑い、国分太一も「確かにそう見える」と納得していた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top