杉咲花、来秋の朝ドラヒロインに決定!大阪の喜劇女優演じる | RBB TODAY

杉咲花、来秋の朝ドラヒロインに決定!大阪の喜劇女優演じる

10月30日、東京・NHK放送センターにて2020年後期に放送される、第103作目・NHK連続テレビ小説のタイトルが『おちょやん』に決定したことが発表され、新ヒロインを務める女優・杉咲花が記者会見を行った。

エンタメ 映画・ドラマ
杉咲花【撮影:こじへい】
  • 杉咲花【撮影:こじへい】
  • 杉咲花【撮影:こじへい】
  • 杉咲花【撮影:こじへい】
  • 杉咲花【撮影:こじへい】
  • 杉咲花【撮影:こじへい】
  • 杉咲花、脚本を担当する八津弘幸【撮影:こじへい】
  • 杉咲花【撮影:こじへい】
 10月30日、東京・NHK放送センターにて2020年後期に放送される、第103作目・NHK連続テレビ小説のタイトルが『おちょやん』に決定したことが発表され、新ヒロインを務める女優・杉咲花が記者会見を行った。

 同作は、大正から昭和の戦前・戦中・戦後にかけての大阪を舞台に、「大阪のお母さん」と呼ばれて親しまれた喜劇女優・浪花千栄子の人生をモデルに描かれる一代記。杉咲は、浪花をモチーフにしたヒロイン・竹井千代を演じる。

 ちなみに「おちょやん」とは、「おちょぼさん」がなまった大阪言葉。茶屋や料亭などで働く小さな女中さんを意味しており、幼少期に女中奉公をしていた経歴を持つヒロインのかわいらしさ、親しみやすさ、意地と誇りの象徴としてタイトルに使用されることになった。

 はじめに杉咲は「この度、ヒロイン・千代をやらせていただくことになりました。杉咲花です」と挨拶し、「皆さんにとって大事な朝の15分が、明るくてパワーをもらえるように、素敵なひと時になるように一生懸命頑張ります」と意気込みを一言。

 杉咲にとって連続テレビ小説への出演は、2016年前期に放送された『とと姉ちゃん』でヒロインの妹役を演じた時以来となる。その時のことを振り返って「ヒロインの高畑充希さんと比べものになるほどではないんですけど、セリフの量が多く苦戦して、やっぱり大変な作品なんだなと思いました」と朝ドラの大変さを痛感したと告白。

 続けて、「でも、それ以上にすごく楽しさも感じていたので、今回もご一緒させていただける皆さんと楽しい時間を過ごしつつ、健康に気を付けて最後まで頑張れたらなと思います」と語った。また、記者からヒロインに抜擢された時の心境を問われると、「驚きましたし、『やったー!』って思いました」と初々しく笑みを浮かべる場面も。

 なお、ドラマの舞台は大阪ながら、杉咲自身は東京出身。そのため、「大阪弁を今から勉強して、マスターしなければという想いです」と役作りへの意欲を見せた。さらに、大阪での長期ロケで楽しみにしていることを問われると、「ご飯がすごく好きなので、色んな美味しいものを食べたい」と明かし、好きな大阪グルメに関しては「串カツです!」と答え、白い歯をこぼしていた。

 NHK「連続テレビ小説」103作目(大阪放送局制作としては44作目)となる『おちょやん』は、2020年秋に放送予定。
《こじへい》

関連ニュース

page top