【インタビュー】20代後半になる新木優子「自信を持てるような女性になりたい」 | RBB TODAY

【インタビュー】20代後半になる新木優子「自信を持てるような女性になりたい」

女優の新木優子が俳優の高良健吾と2人で主演を務める木曜劇場「モトカレマニア」(フジテレビ系/毎週木曜よる10時)が10月からスタートする。

エンタメ 映画・ドラマ
新木優子【写真:竹内みちまろ】
  • 新木優子【写真:竹内みちまろ】
  • 新木優子【写真:竹内みちまろ】
  • 新木優子【写真:竹内みちまろ】
 女優の新木優子が俳優の高良健吾と2人で主演を務める木曜劇場「モトカレマニア」(フジテレビ系/毎週木曜よる10時)が10月からスタートする。

 マンガ月刊誌「Kiss」(講談社)で連載中の同名コミックを原作とする同作で、新木は、元カレの存在を引きずり、“モトカレマニア(MKM)”になった女の子・難波ユリカを演じる。ユリカの元カレ役を高良が担当。

 プライム帯連ドラ初主演に挑む現在25歳の新木にインタビューを行い、作品への想い、女優としての目標、大人の女性としての抱負を聞いた。

――プライム帯連ドラ初主演が決まった際の心境からお願いします。

新木:すごく嬉しかったのですが、緊張や責任感も同じくらいありました。「がんばろう!」という気持ちになりました。

――撮影はどんな気持ちで臨んでいますか?

新木:主演ということで緊張やプレッシャーもあるので、いつも以上に準備をしてしまいそうになったのですが、ユリカは作り込むよりも、お芝居をする相手とのやり取りや空気感などを大切にした方が“マニア”な部分が引き立つのではないかなと思っています。どの作品に対しても思いは同じなのですが、今回は、今まで以上に原作を読み込むことに取り組んでいます。

――ユリカは、珍しい女の子ですね。

新木:元カレを引きずっているというで、普通だったらマイナスのイメージに偏りがちなのですが、引きずっていることをポジティブにとらえ、“マニア”という言葉を使って、前向きに日々を生きています。すごく素敵だし、そこが彼女の魅力だと思います。

――ユリカとご自身が似ていると感じたところはありますか?

新木:ユリカには、ポジティブで、楽観的なところがあって、ちょっとロマンティストだなというイメージがあります。私も、“ポジティブにいたい”ということは意識していますので、そこは共通する部分かなと思います。私自身がロマンティストか、現実派かといったら、……現実派かもしれません。その意味で、ユリカは私にはない考え方を吸収できるキャラクターなので、ユリカを演じることが楽しみです。

――「モトカレマニア」は、どんな方に観て頂けたら嬉しいですか。

新木:ちょっと苦しい想いをしている人にも見て頂きたいです。元カレを“引きずる”というとマイナスのイメージがあるのですが、“マニア”という言葉に変換すると、すごくポジティブな考えた方に変わると思いますし、「みんながマニアなのだ」とも思えるような作品になると思います。“引きずっている”ことに対して“悲しい”などのマイナスのイメージを持っている方もいると思いますが、そういう方にはぜひ、観て頂きたいと思います。あとは、疲れている人。「モトカレマニア」はラブコメディで、個性豊かなキャラクターたちがたくさん出てきます。木曜日の夜に、大人にも、子どもにも、笑って頂けるようなドラマになればいいなと思います。

――「モトカレマニア」への意気込みをお願いします。

新木:主演ということですごく緊張はしていますが、高良さんをはじめ、個性的な俳優のみなさんに助けて頂きながら、がんばりたいなと思います。とにかく、まっすぐに難波ユリカという役に向き合って、一緒にお芝居をする方々と向き合って、“真面目に笑える作品”を作って行きたいと思っています。

――今後の女優としての目標をお聞かせください。

新木:今年、映画「トイ・ストーリー4」で初めて声優をやらせて頂きました。声だけで表現することが難しかったのですが、声で、“悲しい”だったり、“怒り”だったりという、感情表現の仕方を学べたので、女優として演じるうえでも、もっと声を活かすことが必要だなと感じました。声のトーンなどを今まで以上に意識したいと思います。

――12月15日には、26歳になりますね。

新木:今はまだ25歳なので、学生役や、社会人の役をやるとしても、新人だったり、新米医師などの役を頂くことが多いのですが、もっとステップアップした大人の役も頂けるようにがんばりたいです。年相応の役を等身大で演じていけるような女優さんはすごく素敵だなと感じるので、私もそうなりたいと思います。

――最後に、大人の女性としての抱負をお願いします。

新木:ユリカのように、自分がやっていることを肯定できるような女性でいたいなと思います。今はまだ、『これって、あっているかな?』、『大丈夫かな?』と伺ってしまう自分がいるので、自分がいいと思ったら『いい!』と自信を持てるような女性になりたいなと思います。

 ***

 大人の女性へと向かっていく新木のますますの活躍に期待したい。
《竹内みちまろ》

関連ニュース

特集

page top