滝沢カレン、幼少期の夢は「バレリーナ」だった!14歳まで本格的に | RBB TODAY

滝沢カレン、幼少期の夢は「バレリーナ」だった!14歳まで本格的に

モデルの滝沢カレンが30日放送の『グータンヌーボ2』(関西テレビ)で幼少期の夢について語った。

エンタメ その他
滝沢カレン【撮影:岸豊】
  • 滝沢カレン【撮影:岸豊】
 モデルの滝沢カレンが30日放送の『グータンヌーボ2』(関西テレビ)で幼少期の夢について語った。

※今週のエンジニア女子をチェックする

 滝沢は同番組で西野七瀬、長谷川京子、田中みな実とMCを担当しており、毎週定番のスタジオトークのコーナーで「子どもの頃の夢は叶った?」をテーマに4人でトークを展開した。

 幼少期の夢について話を振られた滝沢は「私はずっとバレリーナになりたかった」と明かし、「3歳から14歳まで本格的にやってた」と語った。

 続けて「14歳の時に女優業を目指しました」とまさかの告白。田中は「女優?」とモデルではないことに驚きをあらわにし、滝沢は「14歳の時に竹内結子さんの『ランチの女王』が大流行りしてて、その時に私はこの人になりたいと思って『女優やろう』って決めました。まだ叶ってない」と竹内のような女優に今でも憧れていることを明かしていた。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top