浜辺美波、“腹黒アイドル”役に挑戦も「共通点はございません!」 | RBB TODAY

浜辺美波、“腹黒アイドル”役に挑戦も「共通点はございません!」

浜辺美波が25日、NHKで開催された3夜連続ドラマ『ピュア!~一日アイドル署長の事件簿~』試写会に東出昌大と共に出席した。

エンタメ 映画・ドラマ
浜辺美波【撮影:浜瀬将樹】
  • 浜辺美波【撮影:浜瀬将樹】
  • 東出昌大【撮影:浜瀬将樹】
  • トークセッション【撮影:浜瀬将樹】
  • フォトセッション【撮影:浜瀬将樹】
  • 浜辺美波【撮影:浜瀬将樹】
  • 東出昌大【撮影:浜瀬将樹】
 浜辺美波が25日、NHKで開催された3夜連続ドラマ『ピュア!~一日アイドル署長の事件簿~』試写会に東出昌大と共に出席した。

 本作は、なかなか売れないアイドル・黒薔薇純子(浜辺)が、一日署長として赴いた警察署で殺人事件に遭遇し、警視庁捜査一課の東堂刑事(東出)から邪険に扱われながらも、事件に首を突っ込んでいくというコメディー。

 アイドルながら仲間を蹴落とそうとする腹黒い役どころだったため、浜辺は「ただの“腹黒”だけではなく、ちょっと残念な感じや、おバカな感じが出ればいいなと思いました」とコメント。役作りについては「衣装合わせの時に細かく監督にお聞きして、そこから作り上げた感じです」と言い、最後に「(純子との)共通点はございません」と役柄と自身の共通点を否定して、記者らを笑わせた。

 東出は、浜辺がドラマの衣装で登壇したため、役どころとフラッシュバックしたのか「“この子の言っていることは本心なのか?”と思ってしまう」と苦笑い。撮影中は「女優さんとして完成されていて、サポートできるところはサポートしようと思いました」と回顧した。

 また、厳しいスケジュールの中で、座長としてしっかりやり遂げたことや、彼女の出世作となった映画『君の膵臓をたべたい』を観たことを振り返り「凛としてお芝居をなさっていて、かわいさとか、天真爛漫さとかだけではなく、精神的な強さを感じる。今後も不快な思いをしたり、心無いことを言われるかもしれないけど、“視聴者一人ひとりのために”っていう固い意志があるから、キャリアを積んでいけるんだろうし、座長も出来るんだろうなと思いました」と絶賛した。

 そんな彼の発言を受けて浜辺は感謝を述べつつ「(撮影中は)物理的なものではなくて、東出さんの背中が大きく見えて」とユニークに述懐。「東出さんのようにもっと頑張らないと思いました」と襟を正していた。

 ドラマ『ピュア!~一日アイドル署長の事件簿~』は、8月13日よる10時より3夜連続で放送される。
《浜瀬将樹》

関連ニュース

特集

page top