丸山穂高議員、『サンジャポ』を批判ツイート「浅すぎる議論」 田中みな実にも口撃 | RBB TODAY

丸山穂高議員、『サンジャポ』を批判ツイート「浅すぎる議論」 田中みな実にも口撃

無所属の衆院議員・丸山穂高氏が7日、自身のTwitterを更新。同日オンエアの『サンデー・ジャポン』(TBS系)の放送内容を揶揄し、さらにはゲストで出ていた田中みな実の発言にも苦言を呈した。

エンタメ その他
 無所属の衆院議員・丸山穂高氏が7日、自身のTwitterを更新。同日オンエアの『サンデー・ジャポン』(TBS系)の放送内容を揶揄し、さらにはゲストで出ていた田中みな実の発言にも苦言を呈した。

※乃木坂46関連ニュースをチェックする

 この日の『サンジャポ』では、同氏が、東国原英夫といった有名タレントに次々とTwitterで噛みついているというニュースを紹介。さらに丸山氏が月給として約130万円、文書通信・交通滞在費として月100万円、年2回支給される期末手当(ボーナス)として約314万円もらっていることも伝えた。

 スタジオでこうした議員報酬について話し合われる中、田中みな実は「出来高制にしたらいいんじゃないか」と提案し、「(支払われる)最低限のラインを決めて、そこから、きちんと発言をしたり議会に参加する(といった活動で細かく決める)」と述べた。

 だが丸山氏は同日7日、この『サンジャポ』の討論を取り扱ったネットニュースをリツイートした形で、「議員歳費について浅すぎる議論。これぞワロタピーポー」と番組を揶揄。続けて、「下記(※リツイートした記事)の出来高制にしてしまうと丸山は他議員の何倍も出席・発言・法案作成してるので他議員より貰えてることになりますよ」と見解を述べ、田中みな実の主張を一蹴していた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top