木村カエラ、15周年アニバーサリー公演で新曲「いちご」を初披露 | RBB TODAY

木村カエラ、15周年アニバーサリー公演で新曲「いちご」を初披露

デビュー15周年を迎えた木村カエラが、自身のデビュー日である6月23日に東京・日比谷野外大音楽堂にて、15周年記念ライブ「KAELA presents GO!GO! KAELAND 2019 -15years anniversary-」を開催した。

エンタメ 音楽
カメラマン:太田好治、立脇卓
  • カメラマン:太田好治、立脇卓
  • カメラマン:太田好治、立脇卓
  • カメラマン:太田好治、立脇卓
  • カメラマン:太田好治、立脇卓
 デビュー15周年を迎えた木村カエラが、自身のデビュー日である6月23日に東京・日比谷野外大音楽堂にて、15周年記念ライブ「KAELA presents GO!GO! KAELAND 2019 -15years anniversary-」を開催した。

※乃木坂46関連ニュースをチェックする
 ステージに登場したカエラは、オープニングナンバー「Magic Music」から「BANZAI」「Super girl」とライブの定番曲を立て続けに披露。続いて、「この日をだいぶ待っておりました。感謝の気持ちを込めて最後まで一生懸命やるので楽しんでください」と挨拶し、「リルラ リルハ」「Sun Shower」を、さらには「Butterfly」を歌い上げた。

 MCでは「急に今日になって15周年だということを実感しました」と明かすと、観客からは「おめでとう!」という声が。その後も、「TODAY IS A NEW DAY」を皮切りに、ヘヴィーなロックナンバー「TREE CLIMBERS」「Yellow」を歌唱して、キャリア初の試みだという「15分15曲の15周年メドレー」に突入。本編は、デビューシングル「Level 42」で幕を閉じた。

 アンコールでは、7月31日にリリースされるニューアルバム『いちご』のタイトル曲で、カエラ自身が作詞と作曲を手がけた新曲「いちご」を初披露。15年間の喜びや悲しみ、感謝、全てを詰め込んだバラードを歌い上げ、最後に「15年間、大好きな歌を歌い続けてこれたのは本当にみんなのおかげです。改めてもっと頑張ろうと思いました」と感謝の気持ちを伝え、小さな幸せを見つける喜びを綴った「happiness!!!」でアンコールを終えた。

 ここで全てが終了と思いきや、まさかのダブルアンコールが実現。デビュー前にヴォーカルを務めていたインディーズバンド、animo時代の楽曲で、自身のデビューアルバム『KAELA』に収録された英語歌詞のポップロック「You know you love me?」をパワフルに歌い、「また20周年一緒にお祝いしましょう!」と手を振ってステージを後にした。

 なお、この日のライブは、7月21日よる8時からWOWOWにて放送される。さらに、7月31日にデビュー15周年を記念したニューアルバム『いちご』がリリースされる。
《KT》

関連ニュース

page top