「スター・ウォーズ」最新作邦題タイトルは『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』と発表 | RBB TODAY

「スター・ウォーズ」最新作邦題タイトルは『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』と発表

「スター・ウォーズ」シリーズが日本で初めて先行上映されてから、本日6月24日で41年を迎えた。

エンタメ 映画・ドラマ
(C)2019  Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
  • (C)2019  Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
  • (C)2019  Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
 「スター・ウォーズ」シリーズが日本で初めて先行上映されてから、本日6月24日で41年を迎えた。

※注目のペット関連記事をチェックする

 当時、日本で先行上映されたタイトルは『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』。この記念すべき日を迎え、ネット上ではファンから「確か立ち見で見た気がする」「今でも覚えている」といった声や、今年でシリーズが完結してしまうことから、「とうとう今年で終わってしまうのか」といった悲痛に似た声も聞かれる。

 そんな記念すべき日に、同シリーズ日本版公式ツイッターが12月20日公開の完結編邦題タイトルを発表。新作の邦題タイトルは『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』。「壮大なるフィナーレに向けて、カウントダウンは始まった」とのコメントも残されており、その結末に注目が集まる。

 最新作では、それぞれの登場人物を待ち受ける運命に注目。ダース・ベイダーの遺志を受け継ぎ、銀河の圧倒的支配者となったカイロ・レン。伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの想いを引き継ぎ、フォースの力を覚醒させたレイ。そして、R2-D2、C-3PO、BB-8ら忠実なドロイドと共に銀河の自由を求めて戦い続ける、生きる英雄レイア将軍、天才パイロットのポー、元ストームトルーパーのフィンら、レジスタンスの同志たち…。さらに、ハン・ソロの永遠の好敵手ランド・カルリジアンもエピソード・シリーズでは『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』以来、再登場する。


《KT》

関連ニュース

page top