西島秀俊、映画『空母いぶき』公開を迎え「嬉しい気持ちでいっぱい」 | RBB TODAY

西島秀俊、映画『空母いぶき』公開を迎え「嬉しい気持ちでいっぱい」

エンタメ 映画・ドラマ
本田翼、西島秀俊、佐々木蔵之介【撮影:小宮山あきの】
  • 本田翼、西島秀俊、佐々木蔵之介【撮影:小宮山あきの】
  • 若松節朗監督、市原隼人、本田翼、西島秀俊、佐々木蔵之介、藤竜也、深川麻衣【撮影:小宮山あきの】
  • 本田翼【撮影:小宮山あきの】
  • 本田翼、西島秀俊、佐々木蔵之介【撮影:小宮山あきの】
  • 市原隼人、本田翼、西島秀俊【撮影:小宮山あきの】
  • 本田翼【撮影:小宮山あきの】
  • 深川麻衣【撮影:小宮山あきの】
  • 佐々木蔵之介、藤竜也、深川麻衣【撮影:小宮山あきの】
 西島秀俊、佐々木蔵之介、本田翼 、市原隼人、深川麻衣、藤竜也、若松節朗監督が24日、都内で行われた映画『空母いぶき』初日舞台挨拶に登場した。

 かわぐちかいじ氏によるコミックを映画化した同作は、国籍不明の軍事勢力から突如攻撃を受け、国民の命と平和が脅かされた日本の緊迫した24時間を描く。

 海上自衛隊から出動を命じられた航空機搭載型護衛艦「いぶき」の艦長を演じた西島は、「今日は緊張していますし、嬉しい気持ちでいっぱいです」と笑顔で公開の喜びを語った。

 作品に臨んだ感想を聞かれると、「今回たくさんの自衛官のみなさんにお話を聞くことができて、護衛艦に乗せていただいたり、この作品のために力を尽くしていただきました。事前に(役作りの)準備をたくさんさせていただいて、感謝を申し上げたいです」と思いを語った。

 ネットニュース社のディレクターを演じた本田は、「私はもともと原作にいないキャラクターなので、映画オリジナルのキャラクターだからこそ、この映画に出ている意味や役割りを見つけて、やり通さないといけないなという気持ちで撮影に臨みました」とにっこり。

 「当たり前の日常を守ってくれる方々がいる、それだけで自分の日々が前向きになれるような作品です」と笑顔で同作をアピールした。

 コンビニのアルバイト役を演じた深川は、店長役の中井貴一と共演した感想について「すごく緊張していたんですけど、カメラが回るたびに中井さんからアドリブが飛び出して、ほがらかな空気感で撮影ができました。中井さんのユーモアとこだわりが詰まっているので、コンビニのシーンも注目して見てください」と呼びかけた。

 また舞台挨拶の終盤に、原作者のかわぐち氏から手紙が届く一幕も。「映像にみなぎる緊迫感は、『国防』という重要な問題を正面から描いている迫力です。原作者としてその映像に接することができ、これ以上の本望はありません。ご苦労様でした」と手紙が代読されると、西島は「感激しました。本当に嬉しいです」とコメント。

 「先生の原作はスケールが大きくて、テーマが深いので、実写化するのが難しい中で、こうして映画が完成して、先生に素晴らしいお手紙をいただいて感無量です」と感謝の思いを言葉にした。

《小宮山あきの》

関連ニュース

特集

page top