若槻千夏、高校時代は毎日タクシー通学「必死にバイトして……」 | RBB TODAY

若槻千夏、高校時代は毎日タクシー通学「必死にバイトして……」

若槻千夏が、27日放送の『今夜くらべてみました 2時間SP』(日本テレビ系)に出演。驚きの高校時代を明かした。

エンタメ その他
若槻千夏【写真:竹内みちまろ】
  • 若槻千夏【写真:竹内みちまろ】
 若槻千夏が、27日放送の『今夜くらべてみました 2時間SP』(日本テレビ系)に出演。驚きの高校時代を明かした。


 高校の頃、うどん屋でバイトしていたという若槻。時給は他の人が650円という中、彼女だけ680円だったそう。理由は「トイレ掃除が上手かったから」と明かしていたが、バイトをしている理由について彼女が「高校にタクシーで行きたいから」と言うと、SHELLYは「ヤバッ!」と驚きの声をあげ、HKT48指原莉乃も絶句。 

 どういうことなのか問いただすと、若槻は1993年、松雪泰子がお嬢様役を演じてヒットしたドラマ『白鳥麗子でございます!』(フジテレビ系)の影響を挙げた。そして、「麗子様が毎回、黒塗りの車で正門前に到着するじゃないですか。あれに憧れて必死にバイトして、自分も車で行ってやろうと思って」バイトしていたという。

 フットボールアワー後藤輝基から「毎日タクシーで行ってた?」と聞かれると、若槻は「毎日タクシーで」と豪語。しかも「バイト代は100パー(%)、タクシー代(に使っていた)」とも。料金は1回2000円程度だったという。

 そんな若槻の出身地は埼玉県吉見町。古墳時代の遺跡「吉見百穴」があることで知られるが、「穴が100個なんてみんな言うんですけど、違います、219個です」と自慢。また後藤が思わず「よしみちょう」と誤読すると、「よしみまちです!」とイラついて訂正していた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top