オリラジ藤森、連ドラ初出演決定!チャラ男成分3%でエリート官僚役に | RBB TODAY

オリラジ藤森、連ドラ初出演決定!チャラ男成分3%でエリート官僚役に

山久智久主演のテレビドラマ『インハンド』(TBS)が4月からスタートする。このほど、同作にオリエンタルラジオ・藤森慎吾の出演が決定した。藤森にとって同作が初の連続ドラマレギュラー出演となる。

エンタメ 映画・ドラマ
(C)TBS
  • (C)TBS
  • (C)TBS
 山久智久主演のテレビドラマ『インハンド』(TBS)が4月からスタートする。このほど、同作にオリエンタルラジオ・藤森慎吾の出演が決定した。藤森にとって同作が初の連続ドラマレギュラー出演となる。


 『インハンド』は寄生虫を専門とする天才科学者・紐倉哲(山下)とお人好しの熱血助手・高家春馬(濱田岳)の凸凹コンビがクールでやり手な美人官僚・牧野巴(菜々緒)と共に、最新科学と医療にまつわる難事件に挑んでいくヒューマンサイエンスミステリー。

 藤森が演じるのは牧野と共にサイエンス・メディカル対策室で働くエリート官僚・御子柴隼人役。御子柴は上司や強者になびく分かりやすい風見鶏キャラだが、年下の牧野からいいように使われ、なんだかんだで事件調査に協力させられていく……という役どころ。

 最近では映画『七つの会議』での強烈なサラリーマン役で存在感を発揮した藤森。初の連続ドラマレギュラー出演に藤森は「映画『七つの会議』に出演させていただいたすぐ後に連続ドラマに出演できるなんて、今年はこの後に大きな落とし穴があるんじゃないかってちょっと疑っています(笑)」とコメントし、「だから今まで以上に私生活も気を引き締めて、清廉潔白な由緒正しき生活を送っていかないといけないなと思っています。作品の邪魔をしないよう、皆さんに迷惑をかけないように、真面目に一生懸命頑張ります!」と意気込みを語った。

 自身が演じる御子柴については監督から「エリートではあるけどそんなにキリっとしてないイメージ」と言われたと明かし、「チャラ男な雰囲気を3%くらい残しつつ(笑)、キリっとし過ぎていない部分を僕なりに表現していけたらと思っています」と藤森。

 また、役者としての今後については「視聴者の皆さんが『藤森ってこういう表情もあるんだ』って思うような、僕の新たな一面を見せられるように役と向き合っていきたいと思います」と話す一方で、「皆さんからは『調子に乗るな!』と言われそうですが……」と叩かれることを心配している部分もある様子。「同い年で仲良くさせてもらっている小栗旬さんに、実はたまに演技の相談をさせていただいたりすることもあって。僕ごときがすみません!(笑)でもこんな僕にもすごく真剣にアドバイスをくださるんです。そんな小栗さんからもエールをもらったので、全力で臨みます!」と語った。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top