東野幸治、マシンガンズ滝沢のゴミうんちくに驚き「ホンマに芸人さんなのか」 | RBB TODAY

東野幸治、マシンガンズ滝沢のゴミうんちくに驚き「ホンマに芸人さんなのか」

お笑いコンビ・マシンガンズの滝沢秀一が、10日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演。「ゴミにまつわる知識」にスタジオが驚く一幕があった。

エンタメ その他
東野幸治【撮影:小宮山あきの】
  • 東野幸治【撮影:小宮山あきの】
 お笑いコンビ・マシンガンズの滝沢秀一が、10日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演。「ゴミにまつわる知識」にスタジオが驚く一幕があった。


 毎年、問題視されている恵方巻の大量廃棄処分。滝沢は今回、これを語る専門家として登場。6年前からお笑いのかたわらゴミ清掃員として勤めているという彼は、「恵方巻は家庭ゴミから出なかった」と証言。

 恵方巻は全国で10億円超分が廃棄されると推計されているが、滝沢は企業側の売上は250億円としながら、「ということは250億円を儲けたいがために、10億円のロスだったらしょうがないかというふうに捉えている」と主張し、「食べ物を物として扱っている倫理観が問われている」と見解を示した。

 さらに滝沢は、「食べ物を燃やすということは市町村の財源が使われる。これは皆さんの税金なんで、食べ物を燃やすということは、皆さんの税金を使うことにもなる」と分かりやすく解説し、「環境省の発表によると、ゴミ処理が年間2兆円かかる。その中で、食べ物を燃やすだけで8000億から1兆円かかると言われている」と語った。

 これに対して東野幸治は「君、ホンマに芸人さんなのか?」、宮澤エマも「すごい説得力」と驚き。「心の中では3年前に(芸人)を引退してる」という滝沢に、松本人志も「マシンガンなんて持ってないよね」と指摘していた。それに対して滝沢は「(マシンガンは)粗大ゴミとして捨てました」と笑いを誘っていた。

 ちなみに、その経験と知識からシンポジウム「みんなで考える!大都市東京のごみの今と未来」への出演や出版社の連載も決定しているという。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top