乃木坂46・高山一実、次回作の予定はなし「武器がない」 | RBB TODAY

乃木坂46・高山一実、次回作の予定はなし「武器がない」

小説デビュー作『トラペジウム』が話題の乃木坂46・高山一実が、5日放送の『タイプライターズ11~物書きの世界~』(フジテレビ系)に出演。次回作の予定について言及した。

エンタメ その他
高山一実【写真:竹内みちまろ】
  • 高山一実【写真:竹内みちまろ】
 小説デビュー作『トラペジウム』が話題の乃木坂46・高山一実が、5日放送の『タイプライターズ11~物書きの世界~』(フジテレビ系)に出演。次回作の予定について言及した。


 昨年11月に出版され、現在までに8万部を超えるヒットを記録している『トラペジウム』(KADOKAWA)。アイドルを目指す少女をヒロインにした青春小説だが、高山は執筆理由について「アイドルのことなら人よりは書けるかなと思った」と語った。

 だが実際に書き始めるとアイドルの描写について「暴露本ぽくなっちゃう」と悩んだとし、分量的にそのシーンは少なくなったと説明。一方、文章表現に関しては「フィクションとアイドルってすごく相性が良い」と割り切り、筆を振るったと述べた。

 次回作の予定を聞かれると、「武器がないと思っています、今。何かコレと言う物を得るまでは、書き始められないのかなと思っています」と心境を告白し、現段階では未定であることを明かした。

 だが小説家・中村文則から「アイドルという立場そのものが武器」と言われ、
「(アイドルというテーマで)何回も深めていくことができる」とアドバイスされると、高山も感激。「今日がキッカケの日になる気がしました。スタート地点に運ばれた気がしました」と安堵の表情を浮かべていた。

 また、尊敬するという羽田圭介から本を売るための作戦として、自分の小説の表紙をプリントした服を着て歌ったほうが良いと薦められると、彼女は意外にもやる気を見せていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top