【NHK紅白歌合戦】氷川きよし、和楽器集団DRUM TAOとコラボ!迫力と肉体美に興奮 | RBB TODAY

【NHK紅白歌合戦】氷川きよし、和楽器集団DRUM TAOとコラボ!迫力と肉体美に興奮

氷川きよしが29日、都内で行われた「第69回NHK紅白歌合戦」リハーサルに参加後、囲み取材に応じた。

エンタメ 音楽
氷川きよし【撮影:編集部】
  • 氷川きよし【撮影:編集部】
  • 氷川きよし【撮影:編集部】
  • 氷川きよし【撮影:編集部】
  • 氷川きよし【撮影:編集部】
 氷川きよしが29日、都内で行われた「第69回NHK紅白歌合戦」リハーサルに参加後、囲み取材に応じた。

 和楽器のパフォーマンス集団「DRUM TAO」とコラボし、「勝負の花道~世界に響く和太鼓SP~」を披露する氷川は、入念なリハーサルを終えると、報道陣の前に登場。「(音が)聞こえなくなっちゃって…。どこ歌っているかわからなくなっちゃった」と迫力を伝えると、「感動しました。すごい肉体美が。びっくりしちゃって、(思わず)ヤッ!って言いましたもん」とパフォーマーのボディにも圧倒されたことを打ち明けた。

 平成最後の年に19回目の出場を果たす氷川は、「19年間出させていただくことが奇跡と思いながら、一瞬一瞬に感謝して、次はないと思いながら精いっぱいの気持ちで歌わせていただいています」と吐露。また来年歌手生活20周年を迎えるにふさわしい楽曲を喜ぶと共に、「地震や豪雨の被害に遭われた方に励ましの思いを送りたい気落ちで歌わせていただきます」と思いを込めた。

 今年は「今までの中で一番いい年」だったそうで、「自分を発見できた。去年のアニソンから、可能性のドアってたくさん開けるんだなと思って。殻にこもらないで挑戦して、いろんな自分を表現していけたらいいなと思います。演歌歌手の枠を取りながら、一表現者として表現していきたい」と意欲を見せた。

 そして、「これも皆さんのおかげ。いろんな記事でもゴシップでも何でも書いてくださった」と報道陣に感謝すると、「皆案が氷川きよしを意識してくれることが幸せ。気にかけていたいただいているので、何でも感謝しなきゃいけないなと思っています」としみじみと話していた。
《錦怜那》

関連ニュース

特集

page top