乃木坂46・高山一実『トラペジウム』が8.4万部のヒット!西野七瀬、齋藤飛鳥、長濱ねるの書評公開 | RBB TODAY

乃木坂46・高山一実『トラペジウム』が8.4万部のヒット!西野七瀬、齋藤飛鳥、長濱ねるの書評公開

11月28日発売の乃木坂46・高山一実『トラペジウム』の重版(4刷)が決定し、累計8.4万部に到達したことが分かった。このほど、西野七瀬らによる書評コメントも公開されている。

エンタメ その他
乃木坂46・高山一実『トラペジウム』が8.4万部のヒット!西野七瀬、齋藤飛鳥、長濱ねるの書評公開
  • 乃木坂46・高山一実『トラペジウム』が8.4万部のヒット!西野七瀬、齋藤飛鳥、長濱ねるの書評公開
  • 乃木坂46・高山一実『トラペジウム』が8.4万部のヒット!西野七瀬、齋藤飛鳥、長濱ねるの書評公開
 11月28日発売の乃木坂46・高山一実『トラペジウム』の重版(4刷)が決定し、累計8.4万部に到達したことが分かった。このほど、西野七瀬らによる書評コメントも公開されている。


 同書は、発売からわずか10日で初版の4倍超と躍進。Amazon売れ筋ランキング日本文学部門(11月29日調べ)、オリコン文芸書ランキング(11月26日~12月2日)に加え、多数の書店ランキングで1位に輝きながら、書店から姿を消していたが、ついに12月21日以降に、待望の商品が店頭に並ぶ見込みとなっている。なお、今回の大部数重版にあたって、年末というタイミングもあり、表紙に使用された用紙の在庫も年内分を使い切るという状況が発生する状況となっている。

 重版決定の後、書店に並ぶまでに時間がかかった同書だが、これは著者の高山が、読者へ伝えたいメッセージを随所にしのばせた「手紙」というコンセプトを再現するため、「仮フランス装」という封筒のように表紙が折り畳まれた特殊な装丁と、「天アンカット」という雑然とした用紙カットをあえて残す方式が採用されたため。

 そんな同書について、WEBサイト「ダ・ヴィンチニュース」(https://ddnavi.com/)では、乃木坂46の西野七瀬、齋藤飛鳥、欅坂46の長濱ねるが、それぞれの視点から『トラペジウム』について語り、綴った読書感想文が公開。西野は同書について「どの人物にも乃木坂メンバーの面影がにじんでいる」とコメント。齋藤、長濱はそれぞれ、「夢のある小説家だな、素直にそう思った」(齋藤)、「映像が鮮明に目に浮かぶ煌めく疾走感」(長濱)と、それぞれ語っている。

 高山一実『トラペジウム』は12月21日以降、各書店に入荷予定。
《KT》

関連ニュース

page top