南沙良・出口夏希・永瀬莉子の人気モデル3人が初主演!ヤングシナリオ大賞作品ドラマ化 | RBB TODAY

南沙良・出口夏希・永瀬莉子の人気モデル3人が初主演!ヤングシナリオ大賞作品ドラマ化

史上最年少の14歳の女子中学生・鈴木すみれさんが大賞を受賞したことで話題になった「第30回フジテレビヤングシナリオ大賞」。このほど、受賞作『ココア』のドラマ化が決定。2019年1月4日よる11時30分からフジテレビ系で放送されることが決まった。

エンタメ 映画・ドラマ
(C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
 史上最年少の14歳の女子中学生・鈴木すみれさんが大賞を受賞したことで話題になった「第30回フジテレビヤングシナリオ大賞」。このほど、受賞作『ココア』のドラマ化が決定。2019年1月4日よる11時30分からフジテレビ系で放送されることが決まった。


 『ココア』は、何のつながりもなく、全く別の場所で毎日を送っている3人の女子高校生が主人公。いじめや両親の不倫ーーそれぞれが学校生活や家庭で悩みや後悔を抱えている3人の少女の日常が、オムニバス形式で描かれる。主演は『nicola』専属モデルで女優の南沙良、『Seventeen』専属モデルの出口夏希、同じく『Seventeen』専属モデルの永瀬莉子という注目の10代若手3人が務めることも決定。3人は地上派ドラマ初出演で初主演というフレッシュな顔ぶれだ。

 先月末に行われた『ココア』の撮影現場には、脚本を書いた鈴木すみれさんが陣中見舞いに訪問。3人の主演女優らと初対面も果たした。鈴木さんは、自らが作り出した3人の女子高校生を演じている南、出口、永瀬を見て、「ぴったりと役にはまっていて、すごくうれしい」と感激した様子。監督の後ろでじっとモニターを見つめ、自身の書いた脚本が映像になっていく様子を真剣なまなざしで見守った。鈴木は、「登場人物のセリフを俳優さんが言っているのがすごくうれしかったし、こんなに何度も撮るんだなと思ってびっくりしました。自分が頭の中で思い描いていた世界が目の前にあって、すごく感動しました」と喜びのコメントを残している。

 ほか、主演をつとめる南は、自身の役どころについて、「(自身が演じた)灯ちゃんという女の子が私とかけ離れているので、笑。どうやってお芝居をすればいいのか探していました」と初々しいコメント。また、出口は「撮影初日から、緊張感はあるんですけどとても良い雰囲気でした。本番はカメラが回っていたり、沢山の方がいらっしゃって気持ちを作るのは大変でしたが、撮影に入る前に沢山リハーサルをしたお陰で頑張れたと思います」とドラマ撮影の感想を語り、永瀬は、原作『ココア』について、「鈴木すみれさんが書いた脚本は、私が中学生の時には絶対に書けないと思いましたし、中学1年生の時に書いたと思えないくらいすごく深くて、高校生の私たちの心に響くすてきなお話でした」と感想を伝えた。

 ドラマ『ココア』は、2019年1月4日よる11時30分からフジテレビ系で放送。
《KT》

関連ニュース

page top