加藤シゲアキ、漢字問題を何問クリアできる?女流作家チームと対決 | RBB TODAY

加藤シゲアキ、漢字問題を何問クリアできる?女流作家チームと対決

11月26日よる7時からは、フジテレビ系で『ネプリーグ』が放送される。

エンタメ その他
(C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
 11月26日よる7時からは、フジテレビ系で『ネプリーグ』が放送される。


 今回の放送では、ベストセラー作家チームと女流作家チームが常識クイズで激突。1stステージは「ネプレール」。ベストセラー作家チームは、アイドルと執筆活動を兼業する加藤シゲアキ、芥川賞作家・羽田圭介、さらに『ネプリーグ』初登場の直木賞作家・道尾秀介が参戦する。 加藤シゲアキは「普段はジャニーズとしての参加だが、今回は作家(としての参加)なので緊張する」と少し不安の様子を見せ、小学校で習う算数用語の穴埋め問題に序盤から手こずる様子も。対する女流作家チームはベストセラー作家チームに闘志を燃やし「嫉妬しかない!」「絶対負けたくない!」と凄まじい熱量で挑む。読者の前で絶対間違えられない状況に追い込まれた超売れっ子の作家たちは、常識力を見せつけることはできるのか?

 2ndステージは「日本語ツアーズバギー」。今回はそれぞれの作家本人たちの代表作品の中から問題を出題。ベストセラー作家チームの羽田圭介は「(作品中の漢字は)自分で書いているのでサービス問題ですね」と意気揚々。トップバッターを務める加藤シゲアキは「さすがに分かるのではないかなと思うんですが」とコメント。執筆活動は手書きでなくパソコン派だという加藤だが、常識レベルの漢字問題を何問クリアすることができるのか?

 3rdステージは「パーセントバルーン」。情報番組のコメンテーターを務める女流作家チームの犬山紙子はボーナスステージ進出のため、確実に結果を出したいところ。だだならぬ世界観と展開を書いてきた芥川賞作家と直木賞作家たちの世相を読む力が試されるが、結果ははたして?

 売れっ子作家たちが常識力をかけて激突する『ネプリーグ』は、フジテレビ系で今夜7時から放送。
《KT》

関連ニュース

page top