仲里依紗の「役作りとか大してやらない!」のぶっちゃけ発言に、菅田将暉が共感! | RBB TODAY

仲里依紗の「役作りとか大してやらない!」のぶっちゃけ発言に、菅田将暉が共感!

趣里、菅田将暉、仲里依紗、西田尚美、関根光才監督が10日、都内で行われた映画『生きてるだけで、愛。』の公開記念舞台挨拶に登場した。

エンタメ その他
仲里依紗、趣里、菅田将暉【撮影:小宮山あきの】
  • 仲里依紗、趣里、菅田将暉【撮影:小宮山あきの】
  • 趣里【撮影:小宮山あきの】
  • 仲里依紗【撮影:小宮山あきの】
  • 菅田将暉【撮影:小宮山あきの】
  • 仲里依紗、趣里、菅田将暉【撮影:小宮山あきの】
  • 仲里依紗、趣里【撮影:小宮山あきの】
  • 菅田将暉、西田尚美【撮影:小宮山あきの】
  • 趣里【撮影:小宮山あきの】
 趣里、菅田将暉、仲里依紗、西田尚美、関根光才監督が10日、都内で行われた映画『生きてるだけで、愛。』の公開記念舞台挨拶に登場した。

 芥川賞作家・本谷有希子の小説を映画化した同作は、他者とのつながりを求める現代の若者たちの心情をつづったエモーショナルなラブストーリー。

 うつで引きこもりのヒロイン・寧子を演じた趣里は、「昨日、無事に初日を迎えられて本当に良かったです」とにっこり。

 自身が演じた役柄について、「寧子は表現の仕方が激しかったりするけど、本当は人間みんな心に何かを持ってるんじゃないかなと思うので、私はすごく共感できました」と演じた感想を語った。

 寧子と同棲中の津奈木を演じた菅田は、趣里と共演した感想を聞かれると「(役柄上、趣里は)ずっと走ってたね。速くて、全身を使って走るんです」と撮影時のエピソードを披露。趣里も「アドレナリンが出ちゃって…」と笑顔で当時をふり返った。

 津奈木の元カノを演じた仲は、自身の役柄を「どんな子だなと思って演じた?」と役作りについて問われると「どんな子なんだろう? 私そんなに考えてやらない。役作りとか大してやったことなくて」とぶっちゃけ発言。

 「現場に行って『よーい、ハイ』って言われて、シャーッてやる感じです。家に帰ったら子育てするし、ヘラヘラしてるんで、そんな感じでやってます」と続けると、菅田も「うんうん、そんなもんです。台本にそこまで書いてないし」と瞬発力で演じていることを告白する一幕も。

 同作にちなみ、「これだけがあれば、“愛を感じられるもの”は?」とふられると、仲は「健康です。健康ってお金で買えないし、インフルエンザとか流行するとお出かけできなくなっちゃうし」と回答。

 菅田は「“シュウマイには辛子”だけで、愛。」と描いたフィリップを出すと、「最近シュウマイで論争になったんです。マネージャーは塩だけがいいとか、人それぞれあって。俺は絶対辛子だけです」と偏愛を主張して、会場を沸かせた。

 趣里は「おひとり様」と答えると、「一人で何か食べに行ったり、カラオケに行ったり、旅行も行きます。一人でいろんなことを考える時間が好きです」と笑みを浮かべていた。
《小宮山あきの》

関連ニュース

特集

page top