「美少女戦士セーラームーン」パリ初公演!セーラー戦士登場に大きな歓声 | RBB TODAY

「美少女戦士セーラームーン」パリ初公演!セーラー戦士登場に大きな歓声

エンタメ その他
(C)武内直子・PNP/
  • (C)武内直子・PNP/
  • (C)武内直子・PNP/
 パリを中心にフランスで開催中の日本文化・芸術の祭典「ジャポニスム2018:響きあう魂」。その公式企画のひとつ、『【2.5 次元ミュージカル】"Pretty Guardian Sailor Moon" The Super Live』が11月3日と4日にパレ・デ・コングレ・ド・パリ大劇場にて上演された。

 前日2日には、パリの日本文化会館でフォトセッションイベントが開催。登場した“Pretty Guardian Sailor Moon”The Super Liveのセーラー5戦士は、会場に詰めかけた多くの現地フランス人ファンの前でフォトセッションに応じた。イベントでは、開館前から現地フランス人のファンが集結。小さな子どもを含めた幅広いファンが集まる中、音楽とともにセーラー5戦士が登場すると、それぞれがポーズを決め、フランス語で自己紹介を行うと、会場からは大きな拍手が起きた。そしてセーラー5戦士を代表して、セーラームーン/月野うさぎ役の夢宮加菜枝が、翌日からのパリ公演への意気込みをコメント。

 翌3 日・4 日にパレ・デ・コングレ・ド・パリ大劇場で行われた公演では、「美少女戦士セーラームーン25周年プロジェクト」として、原作の魅力を活かした新たなパフォーマンスショーが披露。会場には、パリ在住のセーラームーンファンはもちろんのこと、ヨーロッパ各地から多くのファンが集結し、開演すると、キャラクターの登場の度に大きな歓声が沸き上がり、ダンスパフォーマンスと映像や特殊効果の融合に酔いしれた。ライブショーでは、1曲ごとに大きな歓声が沸き起こり、アンコールナンバー「ムーンライト伝説」でショーは盛況のうちに閉幕した。
《KT》

関連ニュース

page top