古市憲寿、駅伝に物申す「駅伝のルール自体が気に食わない」「古臭い」 | RBB TODAY

古市憲寿、駅伝に物申す「駅伝のルール自体が気に食わない」「古臭い」

社会学者の古市憲寿が、23日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)に出演。 駅伝そのもののあり方に異議を唱える一幕があった。

エンタメ その他
 社会学者の古市憲寿が、23日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)に出演。
駅伝そのもののあり方に異議を唱える一幕があった。


 21日に行われたプリンセス駅伝で、岩谷産業の選手が残り約200メートルで走ることができなくなり、四つんばいになりながら次の中継所まで目指すアクシデントがあった。この様子を本部でモニターで見ていた監督は、主催者側に途中棄権を申し入れたが、審判に伝わった時には中継所まで残り20mほどになっていたため、審判は制止せず選手をゴールさせた。同選手は右脛(けい)骨の骨折で全治3~4か月。

 これについて小倉智昭は、岩谷産業の駅伝チームが結成されたばかりで、また今回のプリンセス駅伝が、“実業団・女子日本一決定戦”とも言われる「クィーンズ駅伝」の予選を兼ねていることを語ったうえで、「そうすると、できたばかりの駅伝に参加したチームは、なにがなんでもタスキを渡したいでしょう」と、選手に同情した。

 この後、古市は、「そもそも僕、駅伝のルール自体が気に食わないというか」と切り出すと、小倉は「きましたね!」と期待。ただ山崎アナは不穏そうに「なんですか?」と聞いていたが、彼は「だって一人個人の失敗で、集団が全部失格になっちゃうわけですよね」と投げかけると、続けて「個人の選手生命とかを犠牲にしても良いという考え方が、すごいなんか古臭いなと思っている」と主張。

 そして、「だったらもう、選手が走れなくなったところから、次のバトンをつなけばいいじゃないですか。バトン……タスキっていうんですか」と、次の選手がいる中継所に到着しなくてもタスキを渡せるようにすればいいと提案した。

 だが、これには小倉から「それでは駅伝の意味がない」と忠告され、伊藤利尋アナからも「犠牲にしていいというふうにはおそらくは考えてらっしゃらないと思うんですけど、程度の問題でね……」と、やさしくたしなめられていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top