森川葵、芸能界入りの意外な理由を告白「新聞配達か芸能界か……」 | RBB TODAY

森川葵、芸能界入りの意外な理由を告白「新聞配達か芸能界か……」

20日放送の『沸騰ワード10』に女優の森川葵が登場。芸能界入りを決意した理由を告白するシーンがあった。

エンタメ その他
森川葵【錦怜那】
  • 森川葵【錦怜那】
 20日放送の『沸騰ワード10』に女優の森川葵が登場。芸能界入りを決意した理由を告白するシーンがあった。

 森川が登場したのは、「取り憑かれた」コーナー。モンブランに目がなく、スイーツをはしごする森川への密着レポートが紹介されたが、移動中「なんで芸能界に入ったのか?」という質問が。それに対して森川は「私はファミチキを食べるためにモデルになりました」と即答した。

 そんな森川は5人兄妹。「だいたい中学生ってお小遣いもらってて、コンビニで肉まんとかファミチキとか買ったりする。でも私お小遣い制じゃなかったんです。買えなくて……でもお母さんにお金ちょうだいって言えなくて…」と当時を振り返った。番組MCの設楽統も「5人じゃ大変だよね、お母さんも」とコメント。そこでどうしたらいいんだろうと思いついたのが、新聞配達と芸能界だったという。森川は15才で雑誌「Seventeen」のオーディションに合格、その後、映画やドラマ、CMに活躍している。

 森川にとっての人生一番のスイーツとは、出身地愛知県の「鬼まんじゅう」。母親が仕事帰りにスーパーに寄って買ってくるのも兄妹で食べるのが楽しみだったという。「鬼まんじゅう」は東京にない、と嘆く森川のために、番組では愛知県のスーパーにまで買い出しに行って森川に届けた。5年ぶりの「鬼まんじゅう」を、しみじみ「おいしい」と言って食べる姿が印象的だった。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top