荻野目洋子、「ベストジーニスト」受賞式で“ダンシング・ヒーロー”! | RBB TODAY

荻野目洋子、「ベストジーニスト」受賞式で“ダンシング・ヒーロー”!

「第35回ベストジーニスト2018発表会」が15日に都内で行われ、荻野目洋子、高橋一生、長谷川潤、中島裕翔(Hey! Say! JUMP)、菜々緒が出席した。

エンタメ その他
荻野目洋子【錦怜那】
  • 荻野目洋子【錦怜那】
  • 荻野目洋子【錦怜那】
 「第35回ベストジーニスト2018発表会」が15日に都内で行われ、荻野目洋子、高橋一生、長谷川潤、中島裕翔(Hey! Say! JUMP)、菜々緒が出席した。

 主催者である日本ジーンズ協議会「ベストジーニスト選考委員会(加盟社7社の代表と日本ジーンズ協議会専務理事で構成)」によって選考し決定する「協議会選出部門」で受賞した荻野目は、歌以外の賞をもらうのは初めてだそうで、「伝統ある表彰式だと思っていたので、(受賞は)ただただビックリです」と驚きの表情。しかし、「ジーンズは生活の中に根付いていて、愛する気持ちをずっと持っていた」そうで、「光栄です」と喜びのコメントも残した。

 昨年、大阪府立登美丘高等学校ダンス部が“バブリーダンス”の楽曲に使用したことで、自身が1985年にリリースした「ダンシング・ヒーロー(Eat You Up)」がリバイバルヒットしている荻野目。「人生って先が読めないなぁと実感している」としみじみと話すと、使うことで味わいが出る「ジーンズのように生きていけたら」と思いを込めた。

 そして、この日のコーディネートを紹介することになると、中島がマイケル・ジャクソン風に格好よくターンを決めたことから、自ら「踊った方がいいですか?」と提案すると、「ダンシング・ヒーロー」の一部を披露。サプライズに会場が沸くと、「慣れない場で緊張していた」ことを打ち明け、「いつも踊っていた方が楽なので、緊張がほぐれました」と笑っていた。

第35回ベストジーニスト2018 受賞者一覧
「一般選出部門」中島裕翔(Hey! Say! JUMP)、菜々緒
「協議会選出部門」荻野目洋子、高橋一生、長谷川潤、
「一般新人部門」小澤華花、
「キッズ部門」キッズジュニア賞:黒江心温、佐藤彩愛/SHOWROOM特別賞:坂本愛莉
「Amazon Fashion Week TOKYO×協議会選出部門」有働幸司
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top