齋藤飛鳥、クランクアップで涙「素敵な機会を得られて幸せ」……『あの頃、君を追いかけた』 | RBB TODAY

齋藤飛鳥、クランクアップで涙「素敵な機会を得られて幸せ」……『あの頃、君を追いかけた』

主演を山田裕貴、ヒロインを齋藤飛鳥(乃木坂46)がつとめることでも話題の映画『あの頃、君を追いかけた』が、10月5日より全国公開となる。このほど、最後の撮影シーンになった台湾ロケ後の、山田と齋藤からのクランクアップ動画コメントが解禁された。

エンタメ 映画・ドラマ
(C)『あの頃、君を追いかけた』フィルムパートナーズ
  • (C)『あの頃、君を追いかけた』フィルムパートナーズ
  • (C)『あの頃、君を追いかけた』フィルムパートナーズ
  • (C)『あの頃、君を追いかけた』フィルムパートナーズ
  • (C)『あの頃、君を追いかけた』フィルムパートナーズ
  • (C)『あの頃、君を追いかけた』フィルムパートナーズ
  • (C)『あの頃、君を追いかけた』フィルムパートナーズ
  • (C)『あの頃、君を追いかけた』フィルムパートナーズ
  • (C)『あの頃、君を追いかけた』フィルムパートナーズ
 主演を山田裕貴、ヒロインを齋藤飛鳥(乃木坂46)がつとめることでも話題の映画『あの頃、君を追いかけた』が、10月5日より全国公開となる。このほど、最後の撮影シーンになった台湾ロケ後の、山田と齋藤からのクランクアップ動画コメントが解禁された。




 同作は、2011年に台湾で200万人を動員し、ほぼ無名のキャストながら社会現象を巻き起こすほどのヒットとなった青春映画『あの頃、君を追いかけた』のリメイク版。今作の舞台は、10年前の日本。水島浩介(山田裕貴)は、クラスメイトの仲間たちとつるんではバカなことばかりをし、さしたる夢や目標も分からぬまま、お気楽な高校生活を送っていた。浩介の態度に激怒した教師が、クラス一の優等生・早瀬真愛(齋藤飛鳥)を浩介のお目付け役に任命。真面目でお堅い真愛を疎ましく思う反面、胸がザワつき始める浩介。やがて、教科書を忘れた真愛のピンチを浩介が救ったことで、2人の距離は一気に縮まっていく。







 解禁された動画には、撮影後の2人の様子が収録。主演の大役を務めた山田は、「ダメだ、泣いちゃう」と涙を堪えつつも、「キャスト、スタッフの皆様も支えて頂きありがとうございました」と感謝の気持ちを伝えている。ヒロインを務めた齋藤は、涙ながらに「私が、足を引っ張ってしまった事もあるかもしれないんですけど、今はみなさんと会えなくのが、寂しいです」と映画初主演のプレッシャーがあった事を明かしている。







 さらに、齋藤は「お芝居にも興味を持て、素敵な機会を得られて幸せでした」とコメント。同作で、女優への道も視野に入ったようだ。オリジナル作品の瑞々しさを受け継ぎつつ、旬の若手俳優たちが結集して現代の物語として生まれ変わったラブストーリー『あの頃、君を追いかけた』は、10月5日より全国公開。

《KT》

関連ニュース

特集

page top