芳根京子、舞台初主演決定!「勝手に苦手意識を持っていた」 | RBB TODAY

芳根京子、舞台初主演決定!「勝手に苦手意識を持っていた」

芳根京子が2019年3月に再演される舞台『母と惑星について、および自転する女たちの記録』で主演を務めることが決定した。

エンタメ その他
芳根京子、舞台初主演決定!「勝手に苦手意識を持っていた」
  • 芳根京子、舞台初主演決定!「勝手に苦手意識を持っていた」
  • 芳根京子、舞台初主演決定!「勝手に苦手意識を持っていた」
  • 芳根京子、舞台初主演決定!「勝手に苦手意識を持っていた」
  • 芳根京子、舞台初主演決定!「勝手に苦手意識を持っていた」
  • 芳根京子、舞台初主演決定!「勝手に苦手意識を持っていた」
  • 芳根京子、舞台初主演決定!「勝手に苦手意識を持っていた」
  • 芳根京子、舞台初主演決定!「勝手に苦手意識を持っていた」
  • 芳根京子、舞台初主演決定!「勝手に苦手意識を持っていた」
 蓬莱竜太が書き下ろし、演出家・栗山民也がパルコ劇場最後の新作舞台のために立ち上げた舞台『母と惑星について、および自転する女たちの記録』。このたび、2016年に上演された同作が芳根京子主演で2019年3月に再演されることが決定した。芳根が舞台で主演を務めるのは今回が初。


 同作のテーマは“命”。母と三姉妹の女性4人を中心に悲しくも愛しい「家族」と「女たち」の「生きる」姿と形を描く。

 主演は新キャストを含め、実力派女優4人が集結。三姉妹の三女・シオ役には2016年のNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』でヒロインを務め、その演技が高く評価され、近年、映画・ドラマに数多く出演する芳根。舞台は15年『幕が上がる』に続き、2度目の出演となり、同作が初主演舞台となる。母親役には『フェード』『にんじん』と近年の栗山演出作品に立て続けに出演するキムラ緑子を起用。以上2人を新キャストとして迎えた。

 そして同作の初演時での演技が高く評価され、第24回読売演劇大賞・最優秀女優賞を受賞し、舞台を中心に活躍の幅を広げている鈴木杏が次女役を、舞台・映画と存在感・実力ともに高く評価される演技派女優・田畑智子が長女役を、初演と同じく務める。

 舞台への出演について「勝手に苦手意識を持っていて、怖いから戦う前に逃げたこともあるんです」と語るのは今作で舞台初主演を務める芳根。「一度『幕が上がる』で舞台に出演した際、同世代の方が多くて純粋に楽しかったのですが、今感じているのは“舞台”の楽しさなのかなって疑問に思ったんです。舞台によく立たれている方が悩んでもがいて舞台を創り上げている姿を見ていたので『あ、違うかも……』って感じて。勝手に大きな壁を作ってしまったのかもしれません。そういった経験もあり、以前から先輩方に『舞台を若いうちにやったほうがいい』とアドバイスをいただいていたんですが、あまりピンとこなくて……。でも、みなさんが言うってことは私には見えていない理由があると思いますし、実際に挑戦して自分もその感覚を味わって、今後私も後輩にかっこよく言いたいと思ったんです(笑)。そして、何より純粋に舞台をやってみたいと思いました」と今の心境をコメント。

 「私自身もすごくワクワクしています。前回を観られた方も楽しんでもらえないと、もう一度やる意味がないと思うので、そのプレッシャーはあります。まだイメージがわかないけど、映像作品をいろいろやらせていただいた中で、舞台で生きる新しい私を見せられると思います。きっと今までにやったことがない役で新鮮に思っていただけるんじゃないかなと思いますし、みなさんが引き込まれるような生のお芝居を感じていただければなと思います。SNSでも『舞台やらないんですか』とか、地方の方々には「イベントで地元に来てくれませんか」とお声かけをいただいていたので、今回、色んな場所に行けるのがとても楽しみですし、実際に足を運んでいただけるとうれしいです」と意気込んだ。

 舞台『母と惑星について、および自転する女たちの記録』は2019年3月5日~3月26日に東京・紀伊國屋ホールで、4月2日~4月3日に高知・高知市文化プラザかるぽーと 大ホール、4月6日~7日に福岡・北九州芸術劇場 中劇場、4月12日~4月14日に京都・ロームシアター京都 サウスホール、4月20日~4月21日に愛知・穂の国とよはし芸術劇場 PLAT、4月25日~4月26日に長崎・長崎市民会館 文化ホールが行われる。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top