葵わかな、料理に特別のこだわり!「お味噌汁をよく作っています」 | RBB TODAY

葵わかな、料理に特別のこだわり!「お味噌汁をよく作っています」

エンタメ その他
葵わかな【錦怜那】
  • 葵わかな【錦怜那】
  • 葵わかな【錦怜那】
  • 葵わかな【錦怜那】
  • 美人を育てる秋田米「あきたこまち」新CM発表会【錦怜那】
  • 美人を育てる秋田米「あきたこまち」新CM発表会【錦怜那】
  • 葵わかな【錦怜那】
  • 葵わかな【錦怜那】
 葵わかなが19日、都内で行われた、美人を育てる秋田米「あきたこまち」新CM発表会に登壇した。

 連日大行列ができる人気店の店主で、“おにぎりの神”として有名な右近由美子から握り方をレクチャーしてもらい、炊きたてのあきたこまちでおにぎり作りに挑戦した葵。おにぎりの空気を抜かないようにたった3回しか握らない独特の作り方によって、いつものようなきれいな三角形が作れなかった葵は、「待って。全然いびつ。これ、おにぎりかな?」と自問自答すると「難しい」と苦笑い。しかし、試食した船木耕太郎JA全農あきた会長は「本当に美味しい。一生忘れない味です」と喜ぶと、葵は「先生の力が5割、あきたこまちの力が5割」と推測しながらも「うれしいです」とにっこり。右近からは「普段からお料理をされているので、優しい握り方でお上手でした」と褒められていた。

 この日はカラフルな振り袖姿で登場した葵。「今年二十歳になって、成人式がもうすぐだと思ってワクワクしたり、着物自体が好きなので、今日はうれしいです」と笑顔。

 また、SNSに手料理の写真をアップしている葵は、「時間がある時はなるべく作ろうとしています。和食が多くて、大好きな梅干しを使った料理や、味噌の種類を変えたりしてお味噌汁をよく作っています」とコメント。「あまり人に食べてもらったことがないのでレベルは判断できないです」とはにかむが、紹介された手作り弁当はとても美味しそう。子供の頃は風邪を引きやすかったそうで、今ではバランスの良い食事を作る上での合言葉「まごわやさしい」を気に留めて、「海藻やゴマ、味噌を入れたり、野菜を上手く摂れる方法を考えています」とこだわりも明かしていた。
《錦怜那》

関連ニュース

特集

page top