「おいちぃ~!」星乃珈琲店「爽やかレモンのフレンチトースト」は、オッサンが思わず幼児に返るくらいうめぇぞ! | RBB TODAY

「おいちぃ~!」星乃珈琲店「爽やかレモンのフレンチトースト」は、オッサンが思わず幼児に返るくらいうめぇぞ!

インターネットに書いてあったんだけどさぁ! フレンチトーストって、なーんとなくオシャレだからフランス生まれなのかと思ったら、ジョーゼフ・フレンチっつーアメリカ人が作ったかららしいぜ! インターネットに書いてあったから! なんだよフランスじゃねーのかよ! 

ライフ グルメ・食品
「おいちぃ~!」星乃珈琲店「爽やかレモンのフレンチトースト」は、オッサンが思わず幼児に返るくらいうめぇぞ!
  • 「おいちぃ~!」星乃珈琲店「爽やかレモンのフレンチトースト」は、オッサンが思わず幼児に返るくらいうめぇぞ!
  • 「おいちぃ~!」星乃珈琲店「爽やかレモンのフレンチトースト」は、オッサンが思わず幼児に返るくらいうめぇぞ!
  • 「おいちぃ~!」星乃珈琲店「爽やかレモンのフレンチトースト」は、オッサンが思わず幼児に返るくらいうめぇぞ!
  • 「おいちぃ~!」星乃珈琲店「爽やかレモンのフレンチトースト」は、オッサンが思わず幼児に返るくらいうめぇぞ!
  • 「おいちぃ~!」星乃珈琲店「爽やかレモンのフレンチトースト」は、オッサンが思わず幼児に返るくらいうめぇぞ!
  • 「おいちぃ~!」星乃珈琲店「爽やかレモンのフレンチトースト」は、オッサンが思わず幼児に返るくらいうめぇぞ!
  • 「おいちぃ~!」星乃珈琲店「爽やかレモンのフレンチトースト」は、オッサンが思わず幼児に返るくらいうめぇぞ!
インターネットに書いてあったんだけどさぁ! フレンチトーストって、なーんとなくオシャレだからフランス生まれなのかと思ったら、ジョーゼフ・フレンチっつーアメリカ人が作ったかららしいぜ! インターネットに書いてあったから! なんだよフランスじゃねーのかよ! 

というわけで、今回食したのは星乃珈琲店の「爽やかレモンのフレンチトースト」(820円 税込)ですよ。レモンは任せてホントに。柑橘系は僕に任せてくださいよ。幼少の頃に掌が真っ黄色になるほどみかん食ってたし、最近だとコンビニでカットフルーツを買うときはレモン通り越して激すっぱなライムを選択するくらい酸っぱい柑橘系大好きだから!(ライムは不人気だったのか、その後なくなっちゃったけども)。

今回食した「爽やかレモンのフレンチトースト」と「星乃ブレンド」。


んで、星乃珈琲店に入ってさっそく注文。ていうか、初めて入ったんだけど、ちょっとオシャレオーラ強くない? なんかこう、オッサン一人で入るには勇気がいるっつーか。周りはカツプルや女子大生のグループとかだし。たまたまかもしれないけど。

ちなみに、いっしょにコーヒーも頼んだんですけどね。すっげー美人の店員さんにキョドりつつ、いつもの調子で「あ、ブレンド」って言ったら、「星乃ブレンド」「彦星ブレンド」「織り姫ブレンド」って3種類あるんだって! どーすんだこれ! カツプルで来ているアホ共(失礼)は「アッハハ、僕は彦星」「ワタシは織り姫」「七夕じゃなくても会えたね(ハート)」とか、やるんか? やるんかー!……ってほど興奮はしていなかったんですが、さすがに「ひ、ひ、彦星」とは言い出せず星乃ブレンドを頼みましたよ。

星乃ブレンド。星乃珈琲店の代表選手なんでしょうね。本気でウマいわ。


いやこれがさあ、本題に入る前に長くなって失礼なんですけれども、ウマいのな。コクも香りも深い。やさしい苦みっていうんですかねえ、苦みとは表現したくない落ち着いた香りに驚きましたよ。星乃珈琲店、さすがに人気の店だわぁ。

というわけで「爽やかレモンのフレンチトースト」もやってきました。

「爽やかレモンのフレンチトースト」。容器もシャレてますがな~。


結論から言えば、この恥ずかしい名前の食いもんは旨ぇ! とにかく見た目がオッサン的には恥ずかしー! のひとことな感じで可愛らしい。“爽やか”を謳っている通り、サクッと乗っているレモンスライスが清涼感を増しますな~。しかもパウダーシュガーが「トトトトト」って感じでかけられていて、頂点に位置した白いアイスとともに黄色いベース色へのアクセントになっちゃってたりして。心がふわっとするワイ。

少しアップに。見て見て! フレンチトーストの切り口がこれまた“ふぅわり”していてやべぇよ! パウダーシュガーは夏に降る雪の如し。……この緑のツブツブ、なんだコレ?


さて実食。まずはアイスを少しすくってフレンチトーストに軽く塗り、口の中へ。「あぁぁん、おいちぃ~、おいちぃ~」って感じ!

アイスをフレンチトーストに付けて……。


フレンチトーストの柔らかさをベースに、アイスの冷たさがアクセントになって、なんとも口の中が優しくなるんすよ。 あまりのウマさに、そのとき俺は幼児に返ったぜ!(キモくてすんません)。これ、ポイントは甘さ控えめなとこじゃないかなあ。フレンチトーストって、場合によっては突き刺さるような甘さをかもし出すことがあるけど、コイツは優しい。ほんわりふんわり。それでいてアイスっていう芯がある。

そして、星乃ブレンドを一口すすり、オトナの質感がある香りでこの甘い優しさをリセット。これがまたいいんですよ。そして二口目に突入的なループを……と、ここでヘンなモノに気付いたんですよ。なんか、僕の死角に白くてトロットロな何かがあったんす。「ナニコレ? バターかな?」って思って、フレンチトーストにアイスとともに塗りつけて口の中へ。

なんだコレ? トロットロの柔らかい何かを掬ってフレンチトーストに塗りました。


そしたらさあ、ぱぁぁって広がったぁ~! レモンとともに瀬戸内の海が僕の口の中に広がったよぉ~! 真夏のレモン薫る青く爽やかな瀬戸内の海が! サワァ~っと口の中を駆け抜けたんだぁ~!<>

……って大げさな表現は置いといて、コイツが「爽やかレモン」の正体であるところの「爽やかな香りの瀬戸内レモンのレアチーズクリーム」でした……。

まあその、つまり、最初はレアチーズクリームに気付かず、普通のパンケーキ部分しか食ってなかったってワケ。レモンなフレンチトースト食いに来ていたのに、すっかり忘れてた……。気を取り直してここからが本番なんですけども、これ付けるとね、甘さと酸味がグッときて、アイス&フレンチトーストのみのときと比べると俄然個性を出してくる。確かに爽やかな酸味と甘み。アイスも溶け出して来ているから、レアチーズクリームとアイスをパンケーキに十二分に吸収させてから口に入れるのが良い! そしてまた星乃ブレンドでリセットだよ。フレンチトーストが主張が強い味になっただけに、コーヒーのまろみがこれまた変化して楽しいんですよ~。

期せずして、普通のフレンチトーストから、レモンのフレンチトーストという二段階食いとなったわけですけれども、怪我の何とやらで、この食べ方はオススメかも。ノーマルからカスタムに進んでいけば、2つの味も楽しめちゃうし、ボカァ次に食べるときもこのやり方で食うと思うよ(負け惜しみじゃないんだぞ)。

ともかく、ウマいウマいと完食し、残った星乃ブレンドをゆったりと味わい、取材は終了。

完食。最終段階になると、溶けているアイスとソースをフレンチトーストに絡ませながら食べるようになるわけですけれども、それがまたよいです。


最初に星乃珈琲店に入ったときは、周りに気圧されていたんだけど、食い終わった頃は一切気にならなくなったね。いやぁ、落ち着いた、豊かな時間を過ごすことができましたよ。お隣のカップルさんも、お幸せにね(ハート)。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top