沢尻エリカ、主演映画監督からのエールに涙… | RBB TODAY

沢尻エリカ、主演映画監督からのエールに涙…

エンタメ 映画・ドラマ

沢尻エリカ【RBB TODAY】
  • 沢尻エリカ【RBB TODAY】
  • 沢尻エリカ【RBB TODAY】
  • 峯田和伸【RBB TODAY】
  • 吉沢亮【RBB TODAY】
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)【RBB TODAY】
  • 映画『猫は抱くもの』初日舞台あいさつ【RBB TODAY】
  • 沢尻エリカ【RBB TODAY】
  • 映画『猫は抱くもの』初日舞台あいさつ【RBB TODAY】
 女優の沢尻エリカが23日、都内で行われた映画『猫は抱くもの』初日舞台あいさつに登場し、犬童一心監督からのサプライズの手紙に思わず瞳を涙で濡らした。この日は、吉沢亮、コムアイ(水曜日のカンパネラ)、峯田和伸も来場した。

 投げやりな人生を送る元アイドルのアラサー女性・沙織(沢尻)と、自分を沙織の“人間の恋人”だと思い込んでいる猫・良男(吉沢)の再生物語を描いた本作。沢尻は、「30代女性は仕事やプライベートでも考えることや悩むことがある時期だと思うので共感できることは多いです」と打ち明けつつ、「自然体で演じられました」と充実した表情を見せた。

 また、売れない画家・ゴッホ役の峯田が、スタントを使う予定だった坂を二人で転がるシーンで、うっかり一緒に転げ落ちたことを明かすと、本当は転んだ峯田に引きずられるよう転がったものの、「(二人で)勢いあまっちゃってね」とにこやかに峯田をフォローした。

 楽し気に撮影時を回顧する沢尻だが、犬童監督からサプライズで手紙をプレゼントされると思わず涙ぐむ場面も。犬童監督から「(沢尻の)しなやかな体や嘘みたいに可愛い笑顔。その目に突如宿る野生の光のようなもの」が女優としての魅力であることや、「優しさと慣れ合いは違う。そんなあり方を人は不器用というかもしれませんが、女性が生きにくい時代に自分の生き方で立つその立ち姿に、多くの女性たちが励まされることでしょう。いつまでもそうあってください。ちょっと大変だけど」と沢尻の生きざまに触れながらの応援メッセージが読み上げられると、沢尻は「うれしいです」と笑顔をのぞかせた。

 しかし、その言葉が心に刺さったのか、「すごくいい現場だったんです…。お芝居って、ただやるだけじゃなくて、現場でみんなで作って行くもんだなと改めて感じたというか…」と声を詰まらせて胸中を吐くと、「すごくいい時間を過ごさせていただいたな。映画人生というか、役者人生の中で大切な作品になりました」としみじみとコメント。そして、犬童監督から「もっと映画に出てください」と呼び掛けられると、「頑張ります!」と声に力を込めていた。

 映画『猫は抱くもの』は全国公開中
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top