藤田ニコル「幸せな家庭だったらもっと自分に甘かった」 | RBB TODAY

藤田ニコル「幸せな家庭だったらもっと自分に甘かった」

エンタメ その他

藤田ニコル【写真:竹内みちまろ】
  • 藤田ニコル【写真:竹内みちまろ】
 藤田ニコルが、20日放送の『情熱大陸』(TBS系)に出演。幼少期の家庭環境について語った。

 3歳のときに両親が離婚。以来、母は生活のために昼夜を問わず働いていたという。その背中を見て育った藤田は、母に楽をさせたい一心で、小6の時にモデルのオーディションを受け合格した。

 番組の密着ディレクターから、「父親のいない環境が性格に影響したと思うか」と聞かれた藤田は「思うかも」と答え、「お父さんもいて、お母さんもいて、お金もあって幸せな家庭だったら多分、こんな性格にはなっていない」と自己分析。「もっと自分に甘かったと思う」と続けた。

 母は普段、イベントの運営スタッフとして娘を支えており、藤田のファンからは「ままるん」と呼ばれて親しまれている。同番組でも娘のファンと気さくに接する姿が映っていたが、藤田は母親について「何かつらいことがあっても楽しんでいるタイプ」と語り、「でも私は自分で言うのも変だけど真面目な気がする」と、母との違いについて話していた。

 その“ままるん”もインタビューに答え、「家賃だけは私が収入があるうちは払うよ」と、藤田が母の家賃も負担すると言っていると明かした。さらに「みんな(娘のことが)『うらやましい』って言う。『どうしたらそんな子になるの?』って」とよく聞かれるしながらも、そこは分からないと話していた。
《小磯秀夫》

関連ニュース

特集

page top