丸山桂里奈、結婚相手の条件は「自分が噛んだミノを食べられる人」にスタジオ悲鳴 | RBB TODAY

丸山桂里奈、結婚相手の条件は「自分が噛んだミノを食べられる人」にスタジオ悲鳴

エンタメ その他

丸山桂里奈 (c)Getty Images
  • 丸山桂里奈 (c)Getty Images
 元なでしこジャパンの丸山桂里奈が、29日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)に出演。結婚相手の理想の条件を明かし、スタジオから悲鳴があがった。

 爆笑問題・田中裕二から、「丸山さんはこういう人と結婚したいなってあります?」と希望を聞かれた丸山は、「焼肉が好きで」と語り始め、その中でも特に「ミノが好き」と告白。そして結婚相手の条件として、「(自分の)噛んだミノを食べられる人」と明かすと、共演者から「ヤダー」「エーッ!?」と悲鳴が。

 丸山は持論として「ミノは硬いから男性であまり好きな人はいない」と語った。どうやら、自分のことが好きであれば、苦手なミノ、しかも自分が噛んだあとの物を食べてほしいと思っているよう。デーブ・スペクターからはいつものように「みのもんたなら大丈夫ですよ」とダジャレで返されていた。
《小磯秀夫》

関連ニュース

特集

page top