ジャニーズの苦労人“ふぉ~ゆ~”、TOKIOライブでの“悲劇”明かす | RBB TODAY

ジャニーズの苦労人“ふぉ~ゆ~”、TOKIOライブでの“悲劇”明かす

3月15日放送の「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)に、ジャニーズ事務所所属の4人組アイドル「ふぉ~ゆ~」から辰巳雄大と松崎祐介の2人が出演。TOKIOの20周年ライブに飛び入り参加したときの“悲劇”を明かした。

エンタメ その他
 3月15日放送の「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)に、ジャニーズ事務所所属の4人組アイドル「ふぉ~ゆ~」から辰巳雄大と松崎祐介の2人が出演。TOKIOの20周年ライブに飛び入り参加したときの“悲劇”を明かした。

 ジャニーズに所属して20年。現在全員31歳を迎えるベテランだが未だにCDデビューしておらず、今でもkinki kidsら先輩グループのバックダンサーを務めているという。

 そんな彼らが、大先輩であるTOKIOの20周年ライブを日本武道館に観に行ったときのエピソードを明かした。

 アンコールで長瀬智也が「ジャニーズの後輩たちもいっぱい来てくれています!」と紹介。嵐を筆頭に生田斗真、KAT-TUN、Hey! Say! JUMPと次々と大人気アイドルを呼び込むと、そのたびに武道館は大盛り上がり。

 だが長瀬から「そしてコイツら!」という前置きで「トリ」だと思った観客からどよめきが起きたものの、「ふぉ~ゆ~!」と言うグループ名が発表された瞬間、その熱気が「ふぁ~」と冷めていったという。

 だが、そんな微妙な空気を彼らは最後まで味わうことに。何と、ステージから去るときも嵐が最初だったため、最後はTOKIOの隣に彼ら4人が残されたという。

 ダウンタウン・松本人志は「そんな時、どれくらいの石が飛んでくるの?」と毒を吐くと、「さすがに石はない」と語っていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top