胸元ザックリの佐々木心音、松坂桃李との濡れ場シーン「お楽しみください」 | RBB TODAY

胸元ザックリの佐々木心音、松坂桃李との濡れ場シーン「お楽しみください」

映画『娼年』の完成披露舞台挨拶が12日、都内にて開催され、主演の松坂桃李、佐々木心音ら共演者、三浦大輔監督という合計13名が豪華集結した。

エンタメ 映画・ドラマ
佐々木心音【写真:竹内みちまろ】
  • 佐々木心音【写真:竹内みちまろ】
  • 佐々木心音【写真:竹内みちまろ】
  • 佐々木心音【写真:竹内みちまろ】
  • 松坂桃李【写真:竹内みちまろ】
  • 冨手麻妙【写真:竹内みちまろ】
  • 真飛聖【写真:竹内みちまろ】
  • 西岡徳馬【写真:竹内みちまろ】
  • 三浦大輔監督、西岡徳馬、佐々木心音、馬渕英里何、江波杏子、冨手麻妙、松坂桃李、真飛聖、桜井ユキ、荻野友里、大谷麻衣、猪塚健太、小柳友【写真:竹内みちまろ】
 映画『娼年』の完成披露舞台挨拶が12日、都内にて開催され、主演の松坂桃李、佐々木心音ら共演者、三浦大輔監督という合計13名が豪華集結した。

 同作は、性の極限を描いたセンセーショナルな内容が話題を呼んだ石田衣良の同タイトルの恋愛小説が原作で、2016年の舞台と同じ松坂桃李×三浦大輔のコンビで映画化。退屈な日常を送る20歳の大学生・森中領(もりなかりょう/松坂)は、会員制ボーイズクラブのオーナー・御堂静香(真飛聖)に誘われ、娼夫「リョウ」として仕事を始める。最初は戸惑ったものの、リョウは様々な女性たちと身体を重ねながら、彼女たちの心の奥に隠された欲望や心の傷を優しく愛し、自らも少しずつ成長していく。R-18+指定で、4月6日(金)より全国公開。

 イベントには、松坂、佐々木、三浦監督のほか、真飛聖、冨手麻妙、猪塚健太、桜井ユキ、小柳友、馬渕英里何、荻野友里、大谷麻衣、西岡徳馬、江波杏子が出席した。

 劇中で娼夫「リョウ」と関係を持つ女優陣が勢揃いした形になったが、佐々木は、西岡演じる車椅子の男の妻役。胸元と背中を大胆に露出したセクシードレス姿で登壇し、「歪んだというか、不思議な愛情表現を持つ夫婦でして」と役柄に触れ、松坂との濡れ場シーンを「お楽しみください」と声を弾ませた。

 佐々木の夫役の西岡は、松坂と佐々木の濡れ場シーンを「ほとんど桃李と心音ちゃんの格闘技みたいなシーンで、私は観ているだけみたいな感じでした」と回顧。「車椅子に乗ってじっと観ていたのですが、『いやあ、これは大変だな』という感じで。監督が妥協をしないので、何回も、何回もやって。本当に大変でしたよ、あれは」と、松坂と佐々木を気遣った。

 松坂も過酷な撮影を、「撮影期間中は本当に『明日、休みにならないかな』とか、『三浦さん、風邪を引いて寝込まないかな』とか。実際に三浦さんは風邪を引いていたのですが、それでも現場に来ていたので、『ダメだ。この人は無敵だ』と思いました」と振り返った。

 イベントの最後、松坂は、「僕が今までに携わってきた作品の中で、これほど入り口と出口が違う作品もなかなかなかったなと思います。そして何よりも、ものすごく余韻を楽しめる作品だと思います。最初は面食らうかもしれないのですが、劇場を出るときは軽やかな会話を繰り広げられるのではないかなと思っています。それだけ、自信のある作品です」と作品の出来栄えに胸を張った。
《竹内みちまろ》

関連ニュース

特集

page top