乃木坂46・生駒里奈、「乃木坂でやり残したことはない」「これ以上望んだらバチが当たる」 | RBB TODAY

乃木坂46・生駒里奈、「乃木坂でやり残したことはない」「これ以上望んだらバチが当たる」

エンタメ その他

生駒里奈【撮影:編集部】
  • 生駒里奈【撮影:編集部】
  • 生駒里奈【撮影:編集部】
  • 渡部秀と生駒里奈【撮影:編集部】
  • 渡部秀と生駒里奈が発表会に登場【撮影:編集部】(c)尾田栄一郎/集英社
  • 渡部秀【撮影:編集部】
 「東京ワンピースタワー」3周年PR発表会が7日、都内で開催され乃木坂46の生駒里奈と渡部秀が登場した。

 生駒は卒業を発表してから初のイベント。3周年を記念して作られた“巻三三三”が9日から配布スタートになるが、ひと足先にチェックした生駒は「おすすめは尾田栄一郎とGReeeeNの対談ページ。すごくおもしろかった」とコメント。一方の渡部は「LIVE ATTRACTION “3”」の台本メモ、などとそれぞれオススメページを紹介した。

 卒業を発表してからの心境について生駒は「結構落ち着いてます」と話し、今後については「やりたいことはいっぱいあるんですけど、一人で活躍されている方に比べたら、自分は劣ってる部分があるので、そこを上げていきたい」「自分の可能性を広げていきたい」と話した。卒業の時期は決まっていないとのことだが、あえて卒業する理由について聞かれた生駒は「大人になって自立したいと思ったのが一番です」と回答。乃木坂46にいるうちにやってみたいことは?と聞かれると「もうないです。これ以上望んだらバチが当たります」と答えた。
《RBB TODAY》

関連ニュース

page top