五木ひろし、“超セレブ”な生活ぶりを披露!「衣装用の一軒家がある」 | RBB TODAY

五木ひろし、“超セレブ”な生活ぶりを披露!「衣装用の一軒家がある」

大御所歌手の五木ひろしが16日に放送された「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)に初出演し、“超セレブ”な生活ぶりを披露した。

エンタメ その他
五木ひろし【撮影:編集部】
  • 五木ひろし【撮影:編集部】
 大御所歌手の五木ひろしが16日に放送された「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)に初出演し、“超セレブ”な生活ぶりを披露した。

 番組では、五木のマネージャーや後輩歌手の坂本冬美らによって、五木の大御所な暮らしぶりが次々と暴かれた。五木には「衣裳部屋ならぬ、衣装一軒家がある」ことが明かされると、五木は「衣装一軒家」について、「家の隣に駐車場を貸しますというのが出ていたので借りたら、『その場所を売りに出すので買いませんか?』と言われたので買って一軒家を建てた。衣装を置いたりスタッフも泊まれるようになっている」とその存在を認めた。

 「衣装は一度着たらもう二度と着ない主義」という五木は、衣装がどんどん溜まっていってしまうのだという。「衣装一軒家」に置いてある一番高い衣装は、「昔紅白に出るときに作ってもらった薄い毛皮の生地でできている上下」でその製作費用が“1000万円超え”であることも明かした五木だが、なんとその超高額な衣装でさえも「生地が良いのでクッションとして使ってる」と、豪華なクッションとして再利用していることを激白し、ダウンタウンや坂上忍らを驚愕させた。

 このほか、2匹の愛犬を溺愛しているという五木は「地方公演中に1日でも休みがあると、2匹に会うためにわざわざ東京に帰る」「地方公演に犬をつれて行き、ホテルに犬を泊められないときは、犬のためにぺットOKなマンションを借りる」などの超セレブぶりも披露。日常生活では「コンビニに行ったことがない」「山手線に乗ったことがない」といった大御所らしいエピソードも次々と暴かれていた。
《小宮山あきの》

関連ニュース

特集

page top