高橋一生がキレキレのヲタ芸を披露 | RBB TODAY

高橋一生がキレキレのヲタ芸を披露

16日から全国オンエアのキリン「氷結」の新CMで、俳優の高橋一生がキレキレのヲタ芸で再登場している。

エンタメ その他
高橋一生がキレキレのヲタ芸を披露
  • 高橋一生がキレキレのヲタ芸を披露
  • 高橋一生がキレキレのヲタ芸を披露
  • 高橋一生がキレキレのヲタ芸を披露
  • 高橋一生がキレキレのヲタ芸を披露
 16日から全国オンエアのキリン「氷結」の新CMで、俳優の高橋一生がキレキレのヲタ芸で再登場している。

 今回公開となる新CMでは、高橋の「やってみないとわかんないもんですよね、なんでも」というセリフを皮切りに、これまでのテーマソングである、東京スカパラダイスオーケストラの『Paradise Has No Border』に合わせて「ヲタ芸」を披露。

 また、同時公開のウェブムービーPVは、『氷結 あたらしくいこう 2018 サイリウムダンス篇』テレビCMのPVとして、突然目の前に現れたヲタ芸用のサイリウムを引き抜くシーンから始まる。その後すぐに、白装束に身を包んだ高橋一生とバックダンサーが現れ、ヲタ芸の代名詞である“ロマンス”という左右への激しい振りから、高度な“アマテラス”、そして団体技の“千手観音”などヲタ芸の代表的な技の数々を激しくも爽やかに踊り続けていく。

 さらに、高橋が人生で初挑戦するヲタ芸に悪戦苦闘しながらも、練習を重ねることでバックダンサーと徐々に息を合わせていき、1つの作品を作り上げていく『氷結 あたらしくいこう 2018 サイリウムダンス篇』のドキュメンタリーもあわせて注目だ。高橋は今回の出演について、「ヲタ芸は当然のことながら初挑戦でしたが、 GinyuforcE (ギニュ~特戦隊)のギアさん率いるバックダンサーの皆さんとの練習や撮影を楽しみながら進めることが出来ました。息を合わせた『千手観音』は何度も練習してやっと成功した大技ですので、ぜひウェブムービーで注目してみて下さい」と呼びかけている。



《KT》

関連ニュース

特集

page top